2011年6月6日月曜日

職人Jake Navaによる傑作!! KANYE WEST Monster

ベテランだし職人サンなんで手掛けた本数が多すぎ・・・
でも要は2000年代最大のANTHEMの一つBeyoncéの
「CRAZY IN LOVE」を監督したJAKE NAVAによる


大傑作PV!!!!!!!!!!!KANYE WESTのMONSTER



アイドルのMVっていうかPVは相変わらずおもしろいのも多いけど
ぶっちゃけ「売りあげと関係なくね?」っていうダメダメな理由で
結局日本ではロック方面のPV文化って定着しないまま終わるのかなぁー
なぐらい邦楽のPVがダメダメな昨今&どーーも80年代から
始まったPVっていうアートフォーム自体がMTVのゴリ押しだったんじゃ・・・
なムードまである感じなのであえていっちゃいますが
優れたROCk MUSICが優れたPVを欲するのは
ROCKの構造における必然!!であり、だからこそMTVは爆発的な人気を得た。
虚実ないまぜになったリアルとファンタジーの間のノイズ
天才リチャードレスタ-よるBEATLES映画といった例外を除けば
そうしたロックの本質的な世界観を映像に落とし込むのは非常に困難だった。
劇映画の中とドキュメンタリーの中をいったりきたりしてるような奴らを
どう撮ればいい??
ノイズをノイズとしてそのまま捉えるような
物語を切り刻むようなスピードを!
ホントウを忘れてしまうほどの出鱈目を!!
映画という映像フォーマットが許容し難かった嘘まみれで剥き出しな映像。
優れたROCK MUSICと同様に
優れたPVはそんな二つの性質を兼ね備えているのだ。

Monsterもそのゴアゴアな描写だけが話題になっているけど
その美しい嘘まみれとは真逆の、「Crazy-」でBeyoncéの
剥き出しの貪欲さを暴露したJAKE NAVA監督が暴く
KANYE WESTという人の剥き出しで底無しの孤独
それが放り出されるいくつかのシーンがとてつもなく素晴らしい・・・・・
PVというアートフォームだけが映し出せるの一つの極致だと僕は思う。

それにしても蛇足ですが、このPVをなんとあのvillage voiceが
大声で「盗作だーー」とか言ってるんですが
二つのPVはまーーーーったく世界観の次元が違っていて
ナンセンス以外何物でもない!!
ホント、紙媒体の凋落をまざまざと見せつけられてるようで悲しいッス・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿