2011年1月31日月曜日

Dave.I.D Only Me I Can Save 鍾乳洞グライム?!

っていうかグライムっていうよりは
ASIAN DUB FOUNDATIONとかに近いかも?な
Dave.I.D「Only Me I Can Save」のPV。



この鍾乳洞感は素晴らしいーーー!!
僕もいつか絶対鍾乳洞使いたいんだよなぁ・・・・

2011年1月29日土曜日

ROCK RADIUS 恐妻家とロック

なんかグループ魂の曲みたいっすが・・・


もちろん評価はされてるんだけど
明らかにそれが実際の音より低すぎるーーーー!!
というアーティストの一人がAce enders。
彼の率いたThe early novemberの3枚組!のラストアルバム
The Mother, the Mechanic, and the Path
は制作中彼が神経衰弱でぶっ倒れて延期の嵐・・・
しかしできあがったアルバムはROCK史を見渡しても
これだけ「家族」の問題へと切実に言及した作品は皆無
といっていいくらいの超絶作

もちろんこんなとんでもなさすぎるアルバムを出してしまった
以上BANDは解散。でもAceがおもしろいのは
この「家族」アルバムへと突入していく前に
彼がI Can Make a Mess Like Nobody's Businessという
これまたとんでもない傑作によって「自意識」という
混乱に引導を渡した、そう
So I Finally Decided to Give Myself a Reason
と唄えることが可能になったからこそ

I Can Make A Mess Like Nobody's Business "So I finally decided" from Ryan Simone on Vimeo.


「The mother-」を作る事ができたっていう成長の過程を
克明に音にしている所。
その後彼はソロ活動をスタートさせるんですが
なんというか・・・・・ちょっとその方向が僕にはよくわからなかった。
でも先日Aceの奥さんが始めたというROCK RADIUSという
インターン制度!!も含めたプロモーショングループとしての
活動の内容と

ROCk RADIUS
そのブログのトップにあげられてる
お子さんの写真を見て

TOURTOT BLOG

なるほど・・・・ACE氏は今主夫状態なのかぁ・・・と納得!!
OK! ACE兄貴!!!僕はアニキの子育てが一段落するまで待つことに決めましたッッ。

2011年1月27日木曜日

PATRICK WOLF Lupercalia タイトル決定!!!!

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
5月発売のPatrick Wolf、NEW ALBUMのタイトルが解禁
その名も「Lupercalia」!!!!!!
そそそそそそそそしてNEW SINGLE 「The City」の
PVも同時にDROP!!!!


すすすす凄い・・・・アニキを信じて聴き続けて良かった&
コチラのエントリーで予言した通り
明らかにあの「Accident & Emergency」PVラストの陽光に繋がっている
スーーーーーーーーーパーアンセム!!!!!!!

Patrick Wolf Time of My Life ホッとしたぁ・・・・

発売まで何度でも言おう、闘いは終わった(号泣)!

2011年1月26日水曜日

映画「The Girl」 Fredrik Edfeldt

去年は色々と"Coming of age movie"を探して見たんですが
おーーー!!っとこれもおもしろそうな
来月DVD&BLUE RAYが発売になる
スウェーデンのFredrik Edfeldt監督作品「The Girl」



画が凄いなぁーーーと思ったらカメラマンは
「Let the right one in」のHoyte Van Hoytema。
「Let-」もそうだけどスウェーデンのCOAモノは主人公の女の子の
キャスティングがホント神懸かってるッッッッ!!!

2011年1月25日火曜日

Travis Barker Give The Drummer Some どはーー!!!

うぉーーー!!カッコイイ!!!!まっるで
2010年代版JUDGEMENT NIGHTじゃないっすか!!
3月に発売になるBlink 182のTravis Barkerの
ソロアルバム「Give The Drummer Some」から
1stシングル「Can A Drummer Get Some」登場!!!

偽音源がいっぱいあるのでこっちでお聴きください

Travis Barker Ft. Swizz Beatz, Game, Lil Wayne
& Rick Ross “Can A Drummer Get Some”


僕はBlinkはジョークでもなんでもなく
BEATLESと同じくらい偉大なBANDだと思ってるんですが
それはもちろんTomとMarkのソングライターとしての素晴らしさ
もあるけれどそれと同じくらいTravisの驚異的なBeatmakeがその理由。
Blinkのメロやコード進行はパクられまくったけれど
だーーーーーーーーーーーれもTravisのようには叩けない。
それはZEPPELINにおけるBONZOのようなもので

あのDRUMのグルーヴなしにBLINKの楽曲は成立しない。

The Cool Kids, Chester Bennington of rock group Linkin Park, RZA, Lil Wayne, Rick Ross, T.I.,Game, Raekwon, Slash, Dr. Dre, Steve Aoki, Pharrell, Clipse, Kanye West, Rihanna, The Glitch Mob, Kid Cudi, Ludacris, Eminem, Yelawolf, Slaughterhouse, Snoop Dogg, Drake Lupe Fiasco, A-Trak, Swizz Beatz, B.o.B, Beanie Sigel, Bun B,
Tech N9ne, Corey Taylor
アルバムに客演するこのRAPPER達のとんでもない数!!
TRAVISのグルーヴこそがLYRICをメロディーを
シズルさせてる、その気持ちよさを彼等は知っているのである。
BLINKのNEW ALBUMもまちきれなーーーーーーい!!!

2011年1月24日月曜日

岩井俊二 vampire 映像解禁。うーん・・・・・・

現在SUNDANCEフェスでコンペ中の
岩井俊二監督の新作「Vampire」の映像がプチ公開。



僕は昔からあまーーり岩井監督のちゃんとした受け手では
ないけれど&TRAILERでもないショートクリップを見ただけで
なんだけど、うーーーーむ・・・・・・・・。
AKBにVAMPIREかぁ・・・・・・そういう「ネタ」をやるより
岩井監督はNINやレディヘみたくファンの方々へ向けて
ハードコアな作品をWEB販売していく方がいいと思うんだけどなぁーー
リンチ先生はそれやってたけど映画監督はなんでそういう方向にいかないんだろーー??

2011年1月23日日曜日

Chilly Gonzales You Can Dance 素晴らしいのにーー!!

そりゃーーーースタジオでは
こーゆう方なので・・・・

(このMOVIEメチャクチャ好きなんだよなぁ!!)

誰も彼を止められない!!!状態なのはわかるんですが
毎回Gonzalesのアルバムはその時々のゴンザレス先生
の興味の対象が音像化されるので、毎回素晴らしいPOP SONGが
入っているのに全体としてはアバンギャルドっていう
そーーーーTODD RUNDGREN先生と同じパターンが繰り返されるわけですが
去年の「IVORY TOWER」から最高ーーーーの
「YOU CAN DANCE」のPVが解禁!!!!



あーーー!!センセイ!!いつかこーゆうAORだけでアルバム作ってぇぇぇーーー!!!

2011年1月22日土曜日

映画 In A Glass Cage 魔術的リアリズムの傑作!!

またまたまたJ.waters先生のオススメ記事を見ていたら
まったく知らない映画を発見!!!

John Waters' Extremely Strange DVD Favorites

でーーーTRAILER見てみたらここここれは・・・


というわけで本編も見たら、どかーーーーーん!!!!
Agustí Villaronga監督24年前の長編処女作
「In a glass cage」・・・・とんでもない傑作・・・・・・
海外のレビューとかを見るとナチとペドフィリアと快楽殺人を
ごちゃまぜにしたART SHOCKER MOVIEみたくなってるけど
TRAILER見ただけでわかる物凄いルック!
監督がインタビューで言及してるようにジルドレの物語を現代に
持ってこようとしたら自然にこういう物語になったという構造!!
とにかくロケハンで探しまわったというほぼ全編が展開される
お屋敷が物語とともに変容していくアイデア!!!
こーーーの感覚はむかーしどっかで触れてるんだけど
見ている間中どーーしてもわからない(泣)
と・こ・ろ・が!!!
映画のまさかのラストで現れる"あの顔"、誰かに似ている・・・・・
わわわわわかったぁーーーーー!!!エルンスト・ユンガーだ!!!!!!!!!
全てがまるで夢のように死へと吸い込まれていく
(それは監督曰く「どうしても屋敷は大きな吹き抜けの
空洞構造になってなくちゃならなかったんだ」)魔術的リアリズム。

おもわず次作のEl MARも注文しちゃいました。こっちも楽しみッッ。

2011年1月21日金曜日

Farewell Fighter The Way We Learn ゴールデン!!!!

Farewell FighterなんてBAND名で
しーーーーかもジャケがこーーーなら



そりゃあ聴くでしょ!!と試聴してみたら
ウン・・・いい曲はいい曲だけどぉぉぉーーと思ってい・た・ら!!
最後にとんでもないBOMB!が。
発売になったばっかの2nd EP「THE WAY WE LEARN」の
最終曲「GOLDEN」!!!

POPPUNKが生まれて十何年、もうこれは
よく言えばスタイル、ネガティブに言えば
フォーマットみたいになっちゃってるわけで
このスタイルでないと唄えないこともあるけれど
このフォーマットでは唄えないことも増えてきてしまった。
曲のミドルパートで聴こえるジャケットの少年の声に促されるように
ラスト、VocalのKenny fleetwoodはそれでも何故
唄わなくてはならないのか?の答えに到達する。

Golden We are golden
because we're alive
We are nothing without our goodbyes
Illuminate our own way from inside
We shine so bright, we shine so bright

GOLDENが素晴らしいアンセムになっているのは
そのINSIDEへたどり着くならPOPPUNKでなくてもいい
普遍的なPOPSONGであることも厭わない
FAREWELL FIGHTERの勇敢なファイティングポーズ
が露わになっているから。
早く1st ALBUM出ないかなぁーーーー!!!

FAREWELL FIGHTER OFFICIAL SITE

2011年1月20日木曜日

Demdike Stare Hashshashin Chant 元ネタは何だ??

70年代のアートハウス系映画の事を調べてると
必ずレビューやフォーラムのテキストが引っかかってくる
有名CULT MOVIEサイト「lovelockandload」が
制作したネタ系PV!!

Demdike Stare: Hashshashin Chant from The Wire Magazine on Vimeo.



うーーーん・・・元ネタわかんないなぁ・・・
日本でもコレとかで作ってほしいものでっす

2011年1月19日水曜日

GANG OF FOUR ニューアルバム CONTENTがヤバい件

去年も先行解禁された「never pay for the farm」が
トンデモない出来っていうのはエントリーしましたが

Gang Of Four Never Pay For The Farm ブラッドサッキングビーツ!!

あああああアルバムもとんでもないことに!!!!

GANG OF FOUR CONTENT from NPR

当時を懐かしむオジサマオバサマだけが聴いてるのは残念すぎる
完璧に2011年の音!!!!!
すげーーーーーなぁーーー、なんだこれは!!!!

When You’re Through Thinking, Say Yes YELLOWCARD復活!

yellowcardを聴くということはイコール
ボーカルのRyan Keyが請け負ってしまった"業"を
聴くことに他ならない。
3月に4年ぶり!!に発売になるNEW ALBUM
「 When You’re Through Thinking, Say Yes」
から解禁された「FOR YOU, and your denial」



Desperation kills
When it's on your sleeve, you wear it well
Underneath it all
You'll always have this war inside yourself

彼の世界との関わり方は変わらない
それは依然として終わる事のない「戦争」なのだ。
YELLOWCARDの弦を擦りつけるような張り詰めた
バイオリンの旋律を聴くたびに
僕はたった一人で戦場に立つ兵士の姿を思い起こしてしまう。

前作でほぼバーンアウトしたYCは解散寸前
今回のリリースに当たり
バンドがオフィシャルサイトで出した声明は
力強いもので

YELLOWCARD OFFICIAL SITE

アルバム一曲目のタイトルは「SOUND OF YOU AND ME」
しかしそれは君と僕との間を繋いでくれるホントウの音
を手にしようとする決して終わらない戦いに
彼が再び出ることの宣言でもある。

2011年1月17日月曜日

Tyler James It took the fire タイラー君ゴメン、傑作だ!!

MYSPACEがまだ珍しかった頃
とにかくおもしろくて一日中色々なバンドのページ
を覗いてて、そんな時とととととてつもない
名曲にたまたまぶち当たってしまった・・・・
それがTyler Jamesの「STAY HUMBLE」

あまりにスゴイ曲だったので本人に直接MAILして
1st EPを買ってしまったぐらい惚れてたんだけど
とーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーにかくその後
音源が出ない(泣)、定期的にアメリカ国内のツアーはやってるみたいだけど
新曲がアップされない・・・・・・・・・
そしてオフィシャルサイトも更新されなくなり・・・
がしかーーーし!!!
ゴメンtyler君!!!!くっそーーーなんと去年発売になっていた
TYLER JAMESの1st ALBUM「IT TOOK THE FIRE」
今聴きました・・・・・・・・・・


IT TOOK THE FIRE 全曲試聴ページ

このアルバムを出すまでの紆余曲折なんてまーーーったく感じさせない
音楽とキミへの愛情だけで作り込まれた完璧な12曲
「ALL I GOT」で彼が捧げた愛は
「DOWN TO THE GARDEN」でまるで奇跡のように
もう一度地上に舞い降りて、そして
その瞬間の事をTyler Jamesは"I am yours"と
すこし照れくさそうに囁いてアルバムの幕を閉じる。

2010年代最初のピアノロックアルバムの金字塔
こんなアルバムを作ってくれてありがとうTJ!!!!!

甥のJUDEクンにもよろしく

2011年1月16日日曜日

The Front Bottoms フォークパンク!!

うわーー!!久々にフレッシュでクレバーな曲!!
NJの2人組The front bottomsの去年の秋に
発売になったEP「SLOW DANCE TO THE SOFT ROCK」から
「MAPS」のPV!!!



最近のフォーキーって内省的な
美メロ系ばっかだったけど
FRONT BOTTOMSが
Mountain goat直系のシンガロングメロディーで
唄うのは真心ブラザーズに似た現実と理想と絶望と希望を
東南西北におさえたリアルな地図!


アルバム楽しみぃーーーーーー!!!

The Front Bottoms PUREVOLUME

2011年1月15日土曜日

渋谷陽一氏はアニソンフェスを開催すべきである

レンダリング待ちで色々なブログを見ていたら
へーーーーー!!!と思ったのが
ロッキンオンの渋谷陽一氏のこのエントリー

1月3日にニール・ヤングのDVD を観る

Le Noiseに関しては僕もカキコしましたが
このエントリーがおもしろいのは
渋谷陽一氏というのは一貫して「ソーシャル」にこだわる
音楽評論家だったから。

おいおい評論家のセンセーはしょーもないアートロック
を持て囃してるけど、どーー考えてもLED ZEPPELINの
ハードロックの方が優れているだろ!!
おいおいみんなCHEAP TRICKをアイドルバンドっていうけど
現場の熱狂(ソーシャル)を見てそんなしょーもないこと言えるのか!!
から始まって氏の評論の基本は
「ロックミュージックがソーシャル化されること」の意味を
わかりやすく語るということだと思う。
昨今のRO社のフェス推しも「パッケージメディアより
ライブの方が楽しい!!」というロックファンのソーシャルな声に
応えたものだった。
しかし去年RO社は二つのフェスを行った。
一つは以前別ブログでも言及した主催ではないけれど企画制作の「GO!FES」
そしてもう一つは野心的な試みだった「JAPAN JAM」。
GO!の方は様々なメディアで伝えられたように
そしてJAMの方はこれまた非常に珍しいことに渋谷氏自身のコメントによって
観客動員の有り様が伝えられた。
へーーーー渋谷氏率いるROでもソーシャルを見誤る事があるんだなぁーー
と思うと同時に、「FACEBOOKは日本でもハヤる!!」といった最近の
エントリーを見るたびに長年のRO社ファンとしては
大丈夫かなぁ・・・・・・と思ってしまう。
グルーポンみたく宣伝をするならともかく
FACEBOOKもMYスペもそしてナップスターにしても
アメリカ発のソーシャルメディアはZINEの伝統を受け継いだ
創立者の怨念にも似た感情に意識的にせよ無意識的にせよ
賛同できるか?がKEYになっている。
日本でFBやマイスペが盛り上がらないのは
そうした既存のソーシャルに対する怨念の在り方が
文化の違いにより共有されないからである。
それは翻るとRO誌創刊時のミニコミメディア時代の気分に似てるのかなあ・・・
とか思うんだけどGO!やその反動ともいえるJAMは
2010年代におけるそうしたソーシャルのカタチから外れているように見える。
上のN.ヤングに対するアンビバレントなエントリーは
渋谷氏のソーシャルに対するブレを無意識に語っていて
すごく興味深いものでした。


っていうかさーーー僕はGO!やJAMより
ぜーーーーったいにもはやROはアニソンフェスのちゃんと
したのをやる方がロッキンオンらしいとおもうんだけどなーーー

あっ!!でも氏のブログにも載ってたR.kellyの新譜
コレ僕もエントリーしようと思ってたんですが
ジャケはともかく(泣)大傑作!!ものすごいアルバムでっす!!!

2011年1月14日金曜日

Bad Rabbits AORの救世主登場??

ななななななんだこのタイムスリップしたみたいな
スーパーAOR!!!!




去年GYM CLASS HEROESのTRAVISをゲストにfeatureしたりした
EP「STICK UP KIDS」を出したBad rabbits.
あんまこーゆうAORなBANDって今ないから嬉しいーーーけど
でも音の処理がちょっと古いなぁ・・・・・
とか思いつつ聴いてたら、なんと彼等は現在
1st albumのレコーディング中、そしてガーーーーン!!!!
プロデューサーはなななななんとTeddy Riley
そしてゲストにはDEFTONESのChino!!!!!!


これはもしかしたらもしかしちゅうかもしれないッッッ!!!

BAD RABBITS PUREVOLUME SITE

2011年1月13日木曜日

Jean Rollin 永遠と執着

先月はウルトラバタバタしていて
全然知らなかった・・・・・・・・
フランスの天才監督Jean Rollin氏が
先月亡くなっていました。

どーーーしてもセクシーヴァンパイヤ物の
監督とかでくくられてしまいがちだけど
そーーいう人達はちゃんと監督の作品を
見たことがあるんだろうか??

多くの作品では吸血鬼に扮した美女によって
そしてその他の作品でも様々なカタチで執拗に記録される
長い長い長いチェイスシーン。
常軌を逸した長さのそうしたシーンがとてつもなく
美しい(そしてその意味を理解できない人々には
ただダルイシーンとして嘲笑された)のは
それが「永遠」という不可視の距離へと僕等を誘うからであり
それは同時に「愛」が「執着」へと変貌してしまう道程の
恐ろしさを意味しているからに他ならない。



amazonを含む海外のサイトからは監督の作品が購入できます。
是非ローラン監督の永遠を堪能してみてください。

2011年1月12日水曜日

GROUPLOVE COLOURS ド・アンセム!!!

今月発売になるLAのグループ
GROUPLOVEの1st EPからcoloursの
PVが解禁!!!

GROUPLOVE 'Colours' from Studio1290 on Vimeo.



GROUPLOVE OFFICIAL SITE

なななんだこのマイケミがFLAMING LIPSの曲唄ってるちっくな
tkmr感!!!!!!!!

グループの構成がおもしろくて
ボーカルとキーボードはNYのアートスクールの学生で
ギタリストはロンドンでベーシストはプロサーファーで
ドラマーはLAにスタジオを持つミュージシャン。
バラッバラな5人がギリシャでたまたま出会って結成したらしい。
EPの曲も結構バラけてるけどアイデア豊富そうなBANDで楽しみーーーー!!!

2011年1月11日火曜日

Incarnations With all due respects

去年のアルバムも素晴らしかったBing Ji Ling

Bing Ji Ling SHADOW TO SHINE アイスクリームオブラヴ

の別プロジェクトIncarnationsの
with all due respectsを遅ればせながら聴きましたぁーー


ビデオ通りのソフトロックとCS&Nな超ーーーレイドバックサウンド。
なんていうかウチのSOHOの近くにも自然食カフェみたいなの
あるけど音楽ファンよりそういうところのオーナーさんとか
食べに行く人達の方がハマってくれそうな気がするなぁ・・・・・

2011年1月7日金曜日

Long Pigs the film 驚きの傑作カニバル映画 !!

ビックリ!!公開されたのはもう3年も
前だけど去年遂にDVDリリース
えーー・・・またモキュメンタリーっすか・・
と思ってTRAILER見たらこれは凄い!!
カナダのカニバル映画「Long Pigs」

Long Pigs Official Trailer HD 480p from www.jordan-entertainment.com on Vimeo.



見て一発でこの映画のバランス感覚の
すごさっぷりがわかる傑作TRAILER!!
でなんといっても主人公役のAnthony Alviano氏が
素晴らしいーーんだけど監督の高校時代からの友達らしーー
なーーるほど!!この「STYLE」は"使える"なぁ!!!!!

LONG PIGS THE FILM OFFICIAL SITE

2011年1月3日月曜日

ウォン・カーウァイ監督 新作映画「The Grandmasters」

ブルース・リーのお師匠様
葉問の伝記映画といわれている
カーウァイ先生の新作「一代宗師」
(= The grandmasters)のTEASER!!!!



うそーーーーー!!先生とカンフー映画がまったく繋がらない
んですが、っていうか武道シーンとかまったくなし
ってこともありえるわけで、たたた楽しみ過ぎる・・・・・・

2011年1月2日日曜日

SOULⅡSOUL2011 KANYE君とGAGAチャン

あんなけ去年色々とエントリーしたのに

kanye west power アートと躁鬱とヒップホップ good ass job

kanye west runaway film カニエ兄さんこここれはパープルレインっす(泣)


KANYE兄貴の「MY DARK-」をFESTIVA入れなかったのは
やっぱ全体的な取り上げ方が
どーーーーーーーー考えても変だったから。
だってネット媒体&紙媒体あらゆるレビューを見たけど
ひっっっっっとつとして「MY DARk-」の本質に触れてる
テキストはなかったDEATHよ!!!!!

なんで「MY DARK-」はGAGA姉さんの「FAME-」の男の子版だーーー!!
って誰も言わないんだろう???????????

所謂「マスメディア」が瀕死で
「FAME」を手に入れることが困難になった時代
そこへネット上の様々なTOOLを使って
「FAMOUS」であることの復権を宣言した
GAGA様は確かに偉い!!!
んで「MY DARk-」はジャケットのアートワークからLYRIC
から「今の時代にFAMOUSであることの意味」を
男の子側から提示した(あえてこういう言い回しをしますが・・・)
「だけ」の作品なのに、まぁーーーみんなソーシャル時代における
「ネタ」に苦労してるからってのはわかるけど
いーーーーーーーーーーーーーーーーーっくらなんでも
蟹江様に乗っかり過ぎでしょ?????

「FAME」に執りつかれてる時代のBGMとしては
GAGA様と同じくらい優秀だけど
「FAME」っていまさらそーーーーーんなに大切なのかな???

「FAME」より「FATAL」が僕は今、正しいと思う


日本語にすると「有名」と「運命」
あれ?????日本語でも似てるね・・・・・・・


そこへ飛び込む作品が今年はたくさん出てくれると思う。
もーーーーーーーーーーーーーーっちろん
僕の頭の中はいち早く「FATAL」でいきますけどもーーーーーー!!!


2011年1月1日土曜日

2011年、カモーーーーン!!!

というわけでサイトもリニューーアルして
本年もよろしくお願いいたします!!!!

2011年は僕の頭の中の「映画」etc
さらにPOWER UP&うさぎJUMP!!すること必須!!なので
ゼヒゼヒゼヒゼヒサポートくださいませ