2010年11月30日火曜日

Memoryhouse Heirloom 愛しのティナ

ひたすらTina Aumont嬢が可愛い!!!!!!
HTDWのPVなんかも手掛けるJamie Harley監督による
Memoryhouse「Heirloom」!!

Memoryhouse - "Heirloom" from Jamie Harley on Vimeo.



同じHome Movie On the Set of
Philippe Garrel's 'Le lit de la vierge 'ネタ



でしょーーー素敵な女の子がカメラの前にいて
それを恋愛感情を持った監督が撮れば素晴らしいPVに
なるっていう証明なのでっす!!

2010年11月28日日曜日

Nicki Minaj Pink Friday あーーアイドルポップだったかぁ・・

まぁ・・・・とにかく素晴らしいジャケット
だしCHECK IT OUTもよかったんで
めっちゃ期待していたPINK FRIDAY.....

Nicki Minaj Pink Friday



pitchforkのレビューにもあったけど
確かにGaGaチャンもNickiもそのヴィジュアルコンセプト
に比べると楽曲がフツーっていうのが不思議だよなぁ・・・
そのギャップはなんか大晦日のあの衣裳対決をみてる感じ


アイドルポップとしてはスリックだし
スマートでよくできてるんだけど
ミッシー様や

ベティー様みたいなヴィジュアルと曲がぶつかり合う
ゴリゴリなアーティストにもそろそろ出てきてもらいたいなぁ

2010年11月27日土曜日

LA VAMPIRES So Unreal お姉サマァァーーーーー!!

LA VAMPIRESことAmanda Brown姉さんの
新作「So Unreal」が素晴らしいーーー!!!!


LA VAMPIRES FEAT MATRIX METALS
So Unreal


以前の作品や話題になったZOLA JESUSとのコラボのは
アアアアバンギャルドぉぉぉ・・・って感じだったけど
今作はNITE JEWELとかもそうだけど勝手に命名します!!
正にお姉さま系「ソフトコアディスコ」!!!!!


「エマニエル夫人」ってメッチャクチャ傑作じゃん!!
と気づいてから色々とソフトコア系映画を
見まくってる僕には正にBingoで


A面のポップモード、そしてB面の頭の中で
ミラーボールが10個ぐらい回転してるような
フリークアウトモード、一枚で2度おいしい傑作でっす!!!

2010年11月26日金曜日

James Blake ててて天才だぁーーーーー!!!!!!

このLimit to your loveのPVは
見てました・・・・・でもアタマ30秒だけ(泣)

DUBSTEPの新星!!ってなってて、とはいうものの
僕はダヴステップがイマイチわかってない人間なので
ふーん・・・・こーゆうボーカルサンプルも使うんだぁ・・・と。
でたまたまJames Blake氏のインタビューが載ってて
読んでたら「エッ!!こここれ本人が唄ってるの??????」
そしてよーーやく全部見て・・・・・・・・・
ガーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ななななんだこの曲の展開は・・・・・
ってかこれもうDUBSTEPじゃないじゃん
とはーーーーーーーーーてててて天才が現れたぁぁぁぁ
そして追っかけでDUBSTEP系レーベルから出てるけど
それよりLOW END THEORY系なブレイクなコレも

インタビユーによると本人のボーカルをプロセスしまくったコレも

R&S!!!から出てる、コチラは
R&BネタをCHOPしまくった「CMYK」も

で段々本性を現してきた本人のVOCALをネタにした
「Klavierwerke」!!!


もちろんいままでも曲の構造としてテクノとかエレクトロ
を取り入れるシンガーソングライターの人達や
その逆にダンスミュージックにシンガーによるボーカル要素を
入れるビートメーカーの人達は数限りなくいたけど
なんていうかそのハイブリッド度が2Dと3Dぐらい違うというか
いきなり解像度がメチャクチャ上がったというか・・・・・・

来年にリリースを控えている1stアルバムもボーカルもの!
これはとんでもないアルバムになるなぁ・・・・・・・・

James Blake MYSPACE

2010年11月25日木曜日

Primal Scream Screamadelica 再演&再発・・・・・・

うーーむ・・つつつ遂に今週末
primal screamの「スクリーマデリカ」全曲ライブ
が行われる、というか行われてしまうというか・・・。

Primal Scream announce 'Screamadelica' UK tour

さらにはK.シールズ御大によるリマスター再発も!!

Primal Scream releasing 'Screamadelica'
remastered by Kevin Shields


スペインで3日前に行われたSCREAMADELICA LIVEは
もうYOUTUBEにUPされてますが
アマチュアショットだし全体像がわかる感じではないんで
ここにはEMBEDしないけどUKでのものはBBCで生放送!

SCREAMADELICA LIVE BBC6 MUSIC

プライマルといえば音楽オタから

こーーなって

こーなりーの

という感じで、作品が出るたびにまるで女の子が
ファッションを変えるようにスパーン!とモードが切り替わり
「何故今回こーーゆうスタイルでやるのか」についての濃ゆーーい
インタビューも楽しみっていう認識だったんで
前作の総決算モードもちょっとビックリしたけど
20周年とはいえ今回あのスクリーマデリカを再演するとはもっと驚いた!!

「SCREAMADELICA」はダンスミュージックの底無しの享楽性を
ロックミュージックにどう落とし込むかという方法論において
ROCK史に残る超ーーーーーーーーーーーーーーー傑作で
その後のプライマルの作品はその中に闇鍋的に放り込まれた
様々な要素を一つ一つ深化させていったものともいってしまえるくらい
奇跡的な作品だった。

ピアニストの山下洋輔氏はドラッグをやることを
「未来から力を借りてくること」と書かれていたけど
SECOND SUMMER OF LOVEを通過して瞳孔開きっぱなしで作られた
正に未来から降りてくる音をキャッチしたような
スクリーマデリカは20年の時を経て何処へ着地するのだろうか。
まぁお祭りなんだから楽しめばいいじゃん!と思いつつ
複雑な思いも残るんだよなぁ・・・・

SCREAMADELICA 20 OFFICIAL SITE

2010年11月24日水曜日

井上鑑 「僕の音 Song District 英国式音楽造園術」

サンレコ誌を読んでいたら先月行われた
ななななんと井上鑑氏の"初"ソロコンサートの記事が!!

僕の音 Song District 英国式音楽造園術

井上鑑氏といえば「予言者の夢」であり
僕はこのアルバムで鳴らされたAORとROCKが鬩ぎ合う
洗練された音はぶっちゃけkimonosなんかまで続いていると思っていて



でーーーー現在はどどどとんな音を・・・と思ったら
氏は現在サイトにて松尾芭蕉の句からインスピレーションを
受けた楽曲を随時公開していて

千律譜 BASHO

今回の「僕の音」はその楽曲を主体に行われたものとのこと。
サイトを読んでみたらインスピのされ方や
一つのフレーズから様々な方向へと無限に広がっていく
氏の思考の過程を知る事ができておもしろい!!
コンサートではレディオヘッドへのオマージュ曲も
演奏されたらしい。

井上鑑氏「僕の音」Live vol.1-1@幾重にも

でも!!!!でも!!!ですよ!!!ここで僕はハタと思ったわけですよ。
やーーーーーーーーっぱりここにはヴィジュアル表現が少ないのでは?!と。
もちろん言葉から音楽へとメタモルフォーゼされた音の庭園を楽しむ
ためのものとして画的なものは想像で・・・かもですが
こんなにヴィジュアルを欲しているサウンドなのに
サイトの"ヴィジュアル"もあれだけなのはやっぱ寂しい・・・と
画を作る人間としては思ってしまったのでした。
第二回では誰か映像系の人ともコラボしてほしいなぁーー!!

2010年11月23日火曜日

映画「ALL FLOWERS IN TIME」 by Jonathan Caouette

うわーーーーー!!まさかのJonathan Caouette監督
新作「ALL FLOWERS IN TIME」登場!!!!!!!!!

All Flowers in Time Trailer from Phi Group inc. on Vimeo.



ALL FLOWERS IN TIME OFFICIAL SITE

あの「ターネーション」から7年


僕が当時不思議だったのはこの作品に関して
賛否両論がまっぷたつ!!
特にドキュメンタリー畑の方からは
なんかネガティブな評価が多かった事。
今でこそブログも浸透し、YOUTUBEにも
自分撮りの動画は溢れるようになったけど
この当時こーーーーれだけ自分撮りの多い映画は
TARNATIONを除いてなかったわけで
僕はそれに完全にヤラれてしまった。
この自分を切り刻みながら自分を露出する
サゲとアゲが渾然となった自分探りは
ROCKにおいては常套手段だったけど
映画においてここまで徹底しているのは
TARNATIONが特出していたし
コレを見ていたからニコ生とかでの
自意識垂れ流し系はまだまだ足りないよなぁ・・・と
見ていられたりもするくらいエボックな作品だったと思う。

そして今度のテーマは「夢」。
っていうか監督のインタビューなんかを見ると
クロエ嬢のパートは一日撮り、その前に撮影した
いくつかのセグメントがあり、それを一本にした
のがこのALL FLOWERS-とのことで
んーーー完全に「INLAND EMPIRE」スタイルだなぁ!!!
赤目イメージが入り口ってところがちょっと心配だけど
んーーーーーーー早く見たい!!!!!!

2010年11月22日月曜日

積ん観DVD祭り!!!!

溜めちゃってたDVDを一気に見まくり終了!!!

LIQUID SKY


PTIVATE PARTS


INCUBUS


一番凄かったっていうか死んでないのが
一番古いINCUBUSだったのに驚き!!!!!!!
やっぱコンラッドホールは天才だなぁ・・・・・・・

2010年11月20日土曜日

映画 「Machotaildrop」 マッチョテイルドロップ??

たまたまこのTRAILERを見て

これもおもしろそうなんだけど
同じプロデューサーだっていう作品を
探したら、どひゃーーーこっちにもっと驚いた!!!!
Corey AdamsとAlex Craig監督によるSK8少年映画
「Machotaildrop」!!!



Machotaildrop official site

TRAILERもサイトデザインも
SPIKE JONZEやMichel Gondryっぽい!!
巨大スケボー会社MACHOTAILDROPに
スポンサードのためにプロモビデオを送った少年。
しかしそこはチャーリーとチョコレート工場ばりの
奇妙な人々の巣窟だった・・・・というファンタジー映画。
FUEL.TVというエクストリームスポーツチャンネルが
出資してるからかあまり映画系サーキットでは盛り上がってない
っぽいんですがさらにこの両監督のやはりSK8テーマの処女作
「harvey spannos」もみたら、これまたいーー感じ。


メチャメチャ興味がわいてインタビュー読んだら
こーーーーーれが超ーーーーーおもしろい!!!!

Corey Adams, Alex Craig interview

このヴィジュアルのデザインされた感じは
ホドロフスキーやグリーナウェイなんだ!!!

「ラストシーンではホドロフスキー監督に
 出てもらいたかったんだけど ギャラが高すぎて・・・・・・」
なんていうメイキング話やSK8カルチャーと映画の話
とかいままでにいない立ち位置の監督で
こーーれは注目の2人だなぁーー!!!

2010年11月19日金曜日

amazon studios アマゾンスタジオきたぁーーー!!

これは変な言い方だけど
映画版「MYSPACE」じゃん!!!!!!!!!!!



amazon studios

もちろん映像を知ってもらうにはYOUTUBEがあって
ウチもメチャクチャたくさんの方々から
YOUTUBE経由で応援いただいてますが
YOUTUBEはやっぱり「動画」を楽しむところで。
先日も別ブログにエントリーしましたが

MYSPACEの危機?? いや元の正しい姿に戻るだけでしょ

じゃあMYSPACEかっていうと結局今日までずーーーっと
マイスペは映像制作者には冷たかった(泣)
まぁ音楽のためのサイトだからそれはいーーんだけど。
このamazon studiosがとにかく凄いのは「動画」ではなく
映画をターゲットにしてるとこ!!!!!
しかも「SCRIPT部門」と「映像部門」に分かれていて
コラボできるようにもなってる!!!!!!
スゲーーー!!!いいタイミングで出てきてくれました、グフフ・・・・・

2010年11月18日木曜日

Flight The Lead Riders サウンド・オブ.....

かかかかかっこいいーーー!!!!
Steven Bevilaqua率いるFlightの
2nd EP 「The Lead Riders」から
TURNS TO BLOODのPVが解禁。



全曲配信中!!
THE LEAD RIDERS SOUND CLOUD

FLIGHT MYSPACE

前作までの作品の感じから「NEW GRUNGE」とか
言われたりしているけど、いきなりPOPにそして
PVからもわかるようにミシシッピ出身の
彼等のテーマがサザンゴシックにあることが明らかに!!!


サンクチュアリ by ウィリアム・フォークナー

痴話喧嘩のようなどーでもいい理由で人が死ぬ
不能者が射精する代わりに女を殺す
世間が納得するような「意味」から隔絶された
事態を描くことで南部の作家達は世界の中に潜む
もう一つの機能を暴き続けた。
FLIGHTの音に潜む不穏な響きはその濁流へと続いている

2010年11月16日火曜日

My Chemical Romance to premiere new album online tonight

日本時間だと五時間後の午前5時

My Chemical Romance to premiere
'Danger Days…' online tonight


WELLCOME TO-のプレミアはジャニーズの
新しいグループのお披露目??ていうくらいコテコテで
凄かったけど


今回はどーーーでるのか??
でもホントにマイケミっておもしろいBANDっていうか
心性としてはしょこたんとかと同じゾーンなんだよなぁーー
氷室京介とかよりコラボったら絶対合うはずなんだけど

2010年11月15日月曜日

The Haunted Screen Lotte H. Eisner

一段落着いてホーッとしたところに
いいタイミングで頼んでおいた本が到着!!

このHAUNTED SCREENは所謂ドイツ表現主義映画の
紹介本としてはバイブルといわれているだけあって
「うわーーこれは見たことないや・・」っていう
作品も網羅!!!たった数年のムーブメントだったのに
そのイーリーな画面のルックはフィルムノワールを、
呪われたものを執拗に描くという物語の構造は
ホラー映画を生み、舞台装置的なプロダクションデザインは
現在のPVにまで通じている。
でも圧倒的に違うのはそうした画面を構成する
スタイルとしてではなく
映画そのものがHAUNTEDされているような歪で
何かに魘されているかのような熱狂が
この時代の作品には込められているとこ。
映画自体が取り憑かれてしまったかような
呪われた感の爆発は映画史的には2度起きてるけど
どっちもやっぱかっこいいなぁーーー!!

2010年11月14日日曜日

Live From Daryl's House 完璧だ・・・・・・・

僕のとってH&OはPOPGODだ!っていうのは
以前エントリーさせてもらいましたが

HALL AND OATES

またまた巷ではこんなのも出てきて


フッ・・・・でもまだまだオリジナルには
勝ててないなぁ・・・などと思ったり
来年には6年ぶりの来日かぁ!!!と思いつつも
でもさすがに今や大御所過ぎてなぁ・・・と。
でよーーやく昨日2カ月ドドーーッ!!とやっていたプロジェクト完結(泣)!!!


SOHOの掃除もしつつ、なんとなく
「あーー・・・レイドバックしたソウルカバーとか
をやってたりするんだろうなぁ・・・」って
"積ん覗"になっちゃっていたDaryl Hall先生の
Live From Daryl's Houseを見て・・・・死んだ。
なななななななななななななんちゅーーーー凄い
コンテンツサイトなんだこれは!!!!!!!!!!!

LIVE FROM DARYL'S HOUSE

2007年にスタートしたこの無料配信サイトは
毎月配信で現在までに約30アーティストが出演
TODD RUNDGRENから

CHROMEOまで千差万別!!

毎回8曲ほどのセッションを完全無料配信。
もちろんその音楽的クオリティーにも心底驚いたけど
「ふーーん・・無料なんだぁ・・・」じゃなくて
「こここここれが無料かよ・・・・」と思わせたら
勝ち!!という「フリー」における圧倒的に正しい
配信姿勢に基づいたサイトなのがとにかく凄い。
そしてそれ以上に
このLive from daryl-が素晴らしいのは
「リラックスした空間で生み出される表現は
こんなにいい感じになるんだよ」
という音楽好きの人達を超える普遍的な
メッセージをもその丁寧な作りによって
発信することに成功しているとこ。
うぉぉぉぉぉぉ!!こーーゆうサイトもっと欲しいなぁーー!!!

2010年11月12日金曜日

the streets computers and blues エンドオブザストリーツ

来年2月に発売になるThe streetsとしては
最後のアルバム「computers and blues」から
「TRUST ME」のPVが公開


The Fifth and Final Album from The Streets

まるでLOU REEDがガラージをバックに
ラップしているような「ORIGINAL PIRATE MATERIAL」
は音楽とクスリがあれば生き延びていける
STREETWISEなアウトキャスト達の日常を
"僕等はヒーローになれる たった一晩だけなら"
な高揚感で描いた超ーーーーー傑作だった



そうしたリアルなキャラクター達を
分かりやすい物語へと昇華した2ndで
STREETSは大ブレイクしたけれど
それは同時にストリーツからの離脱だったわけで
近作は一気にセレブになったMike Skinnerの
つぶやきを聴くみたいな作品で・・・・・。
そしてこの「computers-」、もう何曲かは
だいぶ前にリークされてるし全曲レビューも出て
TRUST MEもそうだけどトラックのカッコよさとは
真逆のLYRICにおけるAMERICAN PSYCHOばりの
倦怠感の爆発がスゴすぎる・・・・・・・


ストリートを離れて僕が手にしたものは
このCOMPUTERとBLUESだ。と真摯に告白して
幕を引くMike Skinnerアニキの新しい門出に乾杯!!!!!

2010年11月11日木曜日

Hexadecagon the octopus project おーーー!!!

どひゃあーーー!!化けたぁー!
THE OCTOPUS PROJECTの最新作
「Hexadecagon」が大傑作!!!!


THE OCTOPUS PROJECT OFFICIAl SITE

8チャンネル×8スクリーンで構成される
ライブイベント用のプロジェクトとしてスタート
したらしいけど

今までのエレポップ感がぶっ壊れて、曲っていうより
サウンドスケープに近くなっているのに何故か今までで
一番POPだしカッコイイー!!!

マルチスクリーンな「EXPANDED CINEMA」は



MOVIE DROME by Stan VanDerBeek


拡張しつつ自由にする。
何を?
音を、そして映像を。
自由になったその二つが溶け出す
めっちゃセクシャルな瞬間を捉えようとしたから
Hexadecagonはこんなに官能的でポップな作品になったのだと思う。

2010年11月10日水曜日

映画「WOUND」 by David Blyth

plotを読んで、おーーーー!!!!
ある日SUZANは極度のノイローゼに陥り
次第に現実と夢の境界を失っていく。
実の父親との秘密、夫との性的な「契約」・・・
いままで無意識の中で彼女を拘束してきた
あらゆる関係の中へ"死んでしまったはず"の
彼女の娘が姿を現して・・・・

ニュージーランドの監督David Blythの新作「WOUND」!
ところがTRAILER見たらアレレレレレ???
SUSAN役の女優さんはミアファーローちっくで素晴らしいのに
何故にこんなにスプラッター????
でもって重要な娘役が何故にこんなにゴシックパンク??
メチャクチャ不思議に思って監督のサイトをのぞいてビックリ!!
このBlyth監督はあの時代から撮ってる
「Cinema of Transgression」系監督だったのか!!!



David Blyth OFFICIAL SITE

ニュージーランドでは公開当時一大センセーションとなった
その時代の作品「Death Warmed Up」は 日本では何故か
「マイドク/いかにしてマイケルはドクター・ハウエルと
改造人間軍団に頭蓋骨病院で戦いを挑んだか」
というわけわかんないタイトルでホラーとしてレンタルされてたらしく
今でも当時それを見た方々が「なんじゃこりゃ!!」
と感想を書かれていておもわず笑ってしまった。
下のはデビュー作「ANGEL MINE」


なーーるほど、それなら何故----???な
B級感も納得・・・・・っていうか
以前もエントリーしたみたくTRANSGRESSIVE
ムーブメントは全滅・・・・したように見えて
実は「ハングオーバー」の監督になっていたり
当時のとにかく8mmでなんでも撮れ!!みたいな
DIY感はYOUTUBEにアップされる動画にも繋がっている。
ほのかにDARIO ARGENTO的でもある監督には
サイコスリラー系の道へ行ってもらいたいなぁーー

2010年11月9日火曜日

Tyler The Creator ファンキー!!!!!

最年長でも19歳!!話題のHIPHOP CREW
OFWGKTA(Odd Future Wolf Gang Kill Them All)
のTyler The Creatorの1st FREE LP
「BASTARD」を遅ればせながら聴いたぁぁぁぁぁ!!!!


ODDFUTURE OFFICIAL SITE

そして
imagination is power
music is love
odd is our future
のスローガンが光る

tyler the creator myspace

ウータンから始まったホラーコアや
COMPANY FLOWやANTICONなアングラ系
かと思いきや、このTYLER THE CREATORが
全部のトラック&PVを作っているらしいODDFUTUREには
そういった一つ前のアンダーグラウンドには僕的には
どーーーしても感じられなかったFUNKYさがある!!!
ちょっとオタ的な解説になりますが
「BASTARD」のトラックもKREVAなんかも使ってる
ワークステーション系シンセのコードアサインを使ってるんで


白玉系なトラックが多いんだけど
あーーこのままDEEPめだけなん??ってところで
サクッとDISCOやFUNKのサンプリングフレーズが入ってくる。
それをチープととるかファンキーととるか?
僕はこの一連のSK8 VIDEOちっくな
とにかく編集のリズムが素っ晴らしすぎるPVと




ARIEL PINKやNITE JEWEL,TORO Y MOIを
フェイバリットにあげてるインタビューと

The Odd Future Is Now
Our Conversation with Tyler the Creator


初期のEMINEMやN.E.R.D、もっとさかのぼっちゃえば
NWA的なSEXと妄想と血とクスリが渦巻くLYRICを見て
こここここれぞ「FUNKY」じゃん!!!と思ってしまった。

こーーゆうCREW系は身近に仲間がいるから
アレ??っていう間に外へ発信するのを止めて
とつぜん自然消滅したりしちゃうけど
ゼヒゼヒゼヒ、スッゲーーアルバムを作って欲しいッス!!

2010年11月8日月曜日

KITES SAIL HIGH 凧揚げポップ!!

久しぶりにMELT系メランコリア
KITES SAIL HIGHのLP「ALONE/SECRETS」
が素晴らしすぎておもわず注文!!!




KITES SAIL HIGH MYSPACE

wild nothingはギタポなのでちょっと
作りが違うけどbathsはMPDでKSHはAPCの
midiコンを使ってて、ということは多分
DAWはableton liveで確かにliveでネタをウニウニ
弄り倒してると全部の音が混ざりあって
渾然一体としたサウンドスケープが出来上がり!!
そういった音に対してIDM系やアンビエントな人達は
時代時代で色々な意味づけをしていったっていう歴史がある。
このおもわず「おーーーーー!!」となる
(J.dilla,Raymond Scott,そしてGHOST!!!!!etc)
のMIXTAPEの選曲を聴いても

その辺を聴きこんでるんだなぁーーって感じだけど
おもしろいのはその溶け出したサウンドを
そういった現代音楽系の人達とは違って
私的でメランコリックなものとして
定義してるミュージシャンが
KSHを含めてすっごく増えてること。
一発ここらあたりでこの辺のアーティストの曲を
大量導入して「JONOの次!!」みたいな映画とかが
メランコリアをテーマに作られたりすると
バーン!とページが変わるんだけど・・・・・。

それにしても最近は凧とか見ないよなぁ・・・・
と僕もメランコリアに入ろうと思ったら
なななななんだこのドファンキーなCMは(泣)!!!!

2010年11月7日日曜日

映画 「We Are What We Are」 こここれは一体??!!!

人肉を食べることでしか生きていかれない
家族の物語!!を描いたメキシコの
Jorge Michel Grauの
初監督作品「We Are What We Are」!!

上のTRAILERはちょっとホラーに振り過ぎ・・・・
で僕が最初に見たのはコチラ


おもしろいなーと思ったのは色々なホラー系
サイトが「食人族モノ!!」って行って見て

「うーむ・・・・・・」って感じでREVIEWしてるとこ。
僕は逆にTRAILER見てその奇妙な感じに引っかかったんだけど
監督のインタビュー読んで納得!
ホラーONLYな人じゃくて
V.ギャロとM.ハネケな監督だったとは!!!!

Hunger Pains in Jorge Michel Grau's
We Are What We Are


こーーーれは見てみたいなあーーー。

2010年11月6日土曜日

J Mascis Several Shades of Why やったぁーーーー!!!!

Dinosaur Jr のJ Mascisが
ソロアルバムの発売を3月15日に決定!!
タイトルは「Several Shades Of Why」
そして内容は全編アコースティック!!!!

Dinosaur Jr’s J Mascis to release
solo-acoustic album
Several Shades of Why in March


J MASCISのJはJAZZMASTERのJだろJK!!!

って怒られそうなんでこっそり言いますが
初期のFREAK SCENEとかを除くと僕はJ師匠の作品で
一番好きなのが「Martin + Me」・・・・・・・・


こここここれは嬉しいーーーーー!!!!!

2010年11月5日金曜日

Patrick Wolf Time of My Life ホッとしたぁ・・・・

来年5月に発売になるPATRICK WOLF
「The Bachelor 」に続く"BATTLE"二部作
より新曲TIME OF MY LIFEが解禁!!!



前作のBACHELORはとにかく物凄い作品で

全曲、音や歌詞から血が噴き出しているかのような
痛みと絶望のアルバムだった。
しかもアルバムのジャケットに象徴されるように
その愛とセクシャリティーの戦場で闘うのは
「どちらも」PATRICK WOLF本人!!という
自己追い詰めまくりのバキバキALBUM。
つまり仮で「The Conqueror 」と名付けられていた
このアルバムにたどり着けなければ、そこに待っているのは・・・
というくらいの作品だった。
このシングルにはL.COHENのこの曲のカバーが収録されるらしい。
つまりPATRICKの戦いは遂に終わりを告げたのだ!!
おめでとうパトリック兄貴。

2010年11月4日木曜日

Gregory And The Hawk Leche 女子日記

Gregory And The HawkのNEW ALBUM
「Leche」から「SOULGAZING」のPVが!!!



前作の箱庭感溢れる短編小説を
読んでる感じから
レコーディングの仕方が変わったからかもだけど

メレディス・ゴドルーインタビュー

今回の「Leche」は日記を読んでるような
直接性が増してておもしろい!!
しかもその日記帳はしっかり鍵付きって感じが・・・・

2010年11月3日水曜日

Under Byen Unoder あーー!!メイクが(泣)

デンマークのBAND Under Byenの
4月に出たアルバム「Alt Er Tabt」から
「Unorder」のPVが公開!!



あーーーーぁぁぁぁ!!!!メッチャ素晴らしいPVなのに
どぼちて介錯人のメイクとヘアーだけショボショボなんだぁーー(泣)
どーーー考えてもコレ系超ロングの和推しで

それを栗山千秋嬢みたいな美少女が演じるのが正解!!!!

ぬぉーーーデンマークまで教えに行きたいぃぃぃぃぃ!!!!

2010年11月2日火曜日

Jackass 3D

前にもエントリーしたCOMIC CON HYPE!と
相まってTRON LEGACYの物凄いパブを見るたびに
「えー・・・・だって"あの"トロンだよ・・・・」
とか思っちゃうんですがJACKASS軍団は
やっぱそのへんわかってるなぁーーー!!!



多分日本でも色々と来年は3D作品作られると思うけど
いっそのことお笑いウルトラクイズ3Dとか作ってもらいたいなぁ・・・

2010年11月1日月曜日

たまもの from ぬばたま 蔡忠浩 大傑作アルバム!!!!

bonobosの蔡忠浩、初のソロアルバム
「たまものfrom ぬばたま」が明後日リリース
そして全曲試聴&「銀杏のビロード」のPVが解禁!!!



たまもの from ぬばたま 特設サイト

うぉぉぉぉぉぉ!!!!これは凄いッッッ。
bonobosの音楽とは代表曲「thank U-」にも唄われるように
世界中から音を、リズムをそして光を集めるための音楽で

それは「闇」に対抗するためのビートであり
闇を照らすためのメロディーだった。
でもこの「たまものー」は明らかに今までの
bonobosの音楽とは違う鳴り方が!!!!!

闇を「解き明かす」音楽

ぬばたまのような漆黒に抗うのではなく
その闇に耳を欹てた時聞こえる音楽。
それを発見した----!!感がそのまま音になって
この「たまもの from ぬばたま」の今までにない
力強いメロディーと、優しいだけではない
生々しいコトバを生みだしているのだッッ。
うわーーーーーとんでもないアルバムっすよコレ!!!!