2010年8月31日火曜日

SPOEK MATHAMBO Mshini Wam 混ぜるなキケン!!

南アフリカ勢勢いあるなぁ・・・・・・
今度はSOWETOから以前はSWEAT Xを
やっていたNthato Mokgataクンの
プロジェクトSPOEK MATHAMBOのデビューアルバム
「Mshini Wam」からWAR ON WORDSのPVが登場!!





故ラメルジーなCHILDISHだけど哲学的
フューチャリズムっていうよりはグライムに
Screamin Jay Hawkinsと

BEGOTTEN系オカルトを混ぜたらこーーなりました的な

愉快犯サウンドが余計に恐ろしい・・・・・・・・・ッッッ!!!

2010年8月30日月曜日

キリンジ BUOYANCY シティホテルから温泉街へ・・・

僕的には日本随一のSEX SONG王!!
キリンジのNEW ALBUM 「BUOYANCY」
が明後日発売!!


エーーー!?って声も聞こえまくりですが
僕は日本のロックの歌詞でこの曲ほど
フラジャイルで同時にSEXYなコトバを聴いたことがない


SEXとココロは全部が重なるわけではないけれど
でも時にその同心円が重なった部分はほの暗い入り口で
ブラックホールのように二人をのみこんでしまう

上のSAMPLEで10秒ぐらい聞いただけですが
「温泉街のエトランジェ」はぜーーーったいに
タンデム-の二人の続きの物語に違いないっ!!と思うんですが果たして??!!

2010年8月29日日曜日

Nicky Minaj Your Love ワンループ&ワンラブ

気合の1ループ!!Nicky MinajのYour Love


あーーなんか1ループシバリのコンピレーションとか
いい気がしてきた!!

2010年8月28日土曜日

奥田民生 OTRL もーちょっとちゃんとやろうよ映像班!!!!

春に行われたひとりカンタビレを
パッケージングした奥田民生「OTRL」
このダダ漏れツアーがとんでもねーーーー!!っていうことは
以前AMEBLOの方にエントリーさせてもらいましたが
超ーーーー期待していたドキュメントDVDを
見て超ーーーーーしょぼーーーん・・・・・・・

ナニコレ?単なるオマケの
ファンクラブ向け映像じゃん(泣)

もーーーーーー!!!!なんでこんな10年前と
おんなじよーーなクソ映像コンテンツにしちゃうのかなぁー
そーゆう停滞した感じがイヤだっていうのが
このひとりカンタビレの最大の意味っしょ??
今どきイメビのメイキング映像だって
もーーーーちょっと考えて作ってますですよ!!!!
パッケージ音楽が売れない?そりゃ手を抜いてたら
売れないに決まってるとおもうんですが・・・・
あっ!曲はなーーるほど奥田民生巨匠でも
宅録な楽曲まんまってなると密室性がそのまま出て
ROOM503みたいな珍しくエロティックなものが
そのままゴロンと投げ出されるような曲に
なるんだなーーーってとことかがおもしろかった!!!

2010年8月27日金曜日

Baths Cerulean 限りなくトキメキに近いブルー

うぉぉぉーー!!Glo-Fi系、僕的には
MELT系この夏最高傑作大決定!!!!!
これはスゴイBathsの1stアルバムCerulean!!


Baths anticon内OFFICIAL

そしてアルバムから初のオフィシャルPVも公開!
うぉーーーRITUAL系!!!

Baths - "Lovely Bloodflow" from anticon. on Vimeo.



anticonでこのジャケットでってことは、あーまたフライングロータス系
コスミックでアブストラクかぁ・・・と食わず嫌いしていた
僕がバカでした(泣)
CERULEANは若干21歳のWill Wiesenfeldが作り上げた
MELTな海からグリッチの青白さ
フィールドレコーディング的空から
OWL CITYな青臭さまで世界中の全ての「ブルー」を
突っ込んだ大青春アルバムだった!!
見よ!このMPDを叩きまくりながらの勇士!


ここここれはMNDRチャンとWヘッダーでLIVE見たいなぁぁ

2010年8月26日木曜日

Kero One kinetic world グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート

世間的にはKOREAN GIRLグループネタが
ものすごいけどそれと同じくらいスッ晴らしいーー
KERO ONEの新作「KINETIC WORLD」。
その中からON BENDED KNEEのPV!!!



KERO ONE OFFICIAL SITE

前作の「EARLY-」もよかったけど
何故か今回はより音を絞り込んだダウントゥアースめな
楽曲多しで、このPVもやたら透明感があっていいなぁ・・・
と思ってたらなんと!!この曲のLYRIC通りKERO ONE氏は最近結婚!!
「バタフライ」かよ!?みたいなこのシンクロっぷりが
この曲&アルバムのトーンを包んでいて聴いてて気持ちいーーす!!

2010年8月25日水曜日

Star Slinger ファットボーイトリッピン!!驚異のトラックメーカー登場

まるでFBSの「-long way baby」のジャケット
の少年がまんま大きくなったよーなルックスの
UKトラックメイカーSTAR SLINGERの1stアルバム
「Volume 1」が素晴らしいーーーーー!!!



見た目とは裏腹?!の一曲目からラストまで
キラキラ光る流星みたいなロマンチックでSOULFULな
サウンドで突っ走る最近珍しいくらいアルバムとして
完成されてる傑作ファースト!!!
あーーーどこかお金のあるレーベルがフックアップして
色々なボーカリストが唄メロ乗っけたらとんでもないことになる
気がするぅぅぅぅぅ!!!

Star Slinger - Slow 'N' Wet from Star Slinger on Vimeo.

2010年8月24日火曜日

残酷暑申し上げます!!!

ドハァーーーーー!!こんなけ暑いと
もーーーーMELLOWなSOUL MUSICしか聴けないッッッ!!!



2010年8月23日月曜日

海からの使者 先割れスプーンの「正義」と童貞映画 the messenger from the sea

なにしろ「日本のインディーズ映画もガシガシ見るぜー」
と宣言しましたので
見てきましたーーー竹熊健太郎氏配給
アニメ作家のすふぇらとぅ氏が6年の歳月をかけて
完成させたという新作「海からの使者」!!!!

海からの使者公式サイト


ほんとーーーに僕のアニメに関する認識は
自分が3DCGをいじるようになってからのものなので
拙くて恥ずかしいのですが
僕は現在の日本のアニメーションは
爛熟期におけるEXPLOITATION化
アニプレイションとでもいう時期にあると認識しています。

EXPLOITATIONはこと表現においては
広く実写映画に置いて使われる
タームですが
Exploitation film wiki
意訳すると「そのテーマをマジに取り上げるのもなんだし
まぁ、お金が回ってくるからそれを匂わす作品で
わかってる者どおしがプチ盛り上がれればいーんじゃないっすか?」
という作品をエクスプロイテーションと言います。

僕は「もーーーーーーこんなテーマ、ROCKにおいて
何十年も取り上げられてるんですけど・・・・・・」
というエヴァーにまったく新鮮味を覚えなかった人間で
でもROCKを聴かない人々に成長期における自我との葛藤
という普遍的なテーマがポップカルチャーのスタイルで広まったのは
いいのかなぁーーーと思う程度だったりするんですが
めちゃめちゃザクッ!とまとめると、それ以降のアニメ作品とは
そこで提出された課題を周到に回避しつつ
爛熟期で浮かれるその勢いで意図的に(EXPLOITATION!!)
幼稚な作品を作っていると思っています。

SEXをテーマにしたSEXPLOITATIONにも
黒人をテーマにしたBLAXPLOITATIONにも
傑作と呼ばれるべき作品は存在するけど
でもそれらの作品は「時代と寝て」しまったために
普通の人々にとって「露悪的」(EXPLOITATION,TOO!!)として
しか落とし所がないくらい、限りなく猥褻に
そして危険なほど政治的になった結果としての作品群です。
アニメーションはそうした個人による真摯なテーマの
探究がされることなく、実写映画的なテーマへと執着する大作と
ひたすら露悪的にソーシャル化する萌え系エクスプロイテーション作品の
二つに分かれていると僕は思います。

そんな中での超ーーーー個人的アニメーション作品!!
しかもそれを配給されるのは三次元にも二次元作品にも
造詣が深い竹熊氏、どんな作品なんだろーーー??と思い見に行ってきた次第でっす。

がぁぁぁぁぁぁ、あいたたたたたたぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・
ここここここのイカ臭い童貞感、いや!この4-5年サブカル界では
重宝に使われている「幼稚」なタームをこの2010年に使って
問題をぼやかすのはもーーーーー無し!!
一世代前の用語に戻しますがモラトリアム感!!
そして展開される限りなく幼稚な正義は一体????????
上映前に今作へとつながる6年前に制作された「雨に抱かれて」という
作品も同時に見ることができるのですが

親と子の問題も「虐待」から「放棄」へと意味合いを変える中
この「ご近所から普遍へ」というスタイルで
主人公の無力感がもっと表明されたり
成長によって自分の周りの絶対的な他者とのかかわりを
再考する・・・ならわかるんですが
今回の「海からの使者」のテーマは
「正義を失った社会」・・・・・
こここれを8分間の作品で解決????
そんな奇跡的なことが起きるの????
ごくり・・・・・ん・・・・??アレ?????
うわぁぁぁぁぁなんかよくわかんないアクションシーンが
延々続くぅぅぅぅぅ・・・・・・
あーーーーーー萌えキャラによって
テーマがぼやかされたぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・
そしてモラトリアム感100%の(夢)物語は
あまりにもカメ臭い予定調和で終わってしまいます

ここまで読んでいただいて映画をご覧になった方は思ったかもしれない

「だってこの映画はプロモーションの戦略を見てもわかるように
 ①"あの"鬼才のすふぇらとぅ氏による
 ②"六年ぶりの"新作で
 ③見どころは「この6年間における氏のアニメーション手法の向上」
 なんだからそれ以外のテーマとか意味なくね?」
 
と。

もちろんまるで早弾きできなかったギタリストが
高速で弾けるようになった---!!的な
この6年でのテクニックの進化の過程はわかるしスゴイけど

だったらプロデューサーの竹熊氏はこれを映画としてではなく
別のカタチとして出すべきだったし
最初から氏の6年間を追ったドキュメント映画とすべきだった
(ちなみにさすがに打ちのめされて購入しなかったんですが
劇場でも販売しているDVDバージョンには淡路島にお住まいの
のすふぇらとぅ氏を訪ねるドキュメンタリーも入っているとのことです)
でも僕が見たのは8分間の「映画」であり
であるなら映画としてのテキストを書かざるを得ないでっす・・・・


うーん・・・このモラトリアム感あふれる幼稚さを
「日本特有の表現」として村上隆氏的に
マーケティングするのも方法論としてはアリなんですが
そーーーれってゼロ年代で終わりにしてほしいのは僕だけ??
「シュアリー」「SR2」そして「海から-」さらに
今後見ていくであろう様々な作品のTRAILERを見ても思ったんですが
日本映画における監督というアーティストの方々のこの

「幼稚さ」をどーしても表明したいっす!!

(ちょっと幼稚ってコトバを使いすぎてネガティブ度が
増してる気もするんでちょっと言い換えると)

「(ぼくチャンの)イノセンス」を作品にしたいです!!

モード大量発生の源はどこにあるんだろう?????
そのサンプルとしては興味深かったのですが・・・・・

うぅぅぅぅぅ泣けてきた・・・・
稀代の編集家、竹熊氏は何故そこを
論考してくれないのか?への憤慨で??
否!!!
劇場で無料でいただいた淡路島玉ねぎを
さっきスライスしたからデス・・・・

あーーーーオニオンスライスが美味いッッッ(号泣)!!!
監督ごちそうさまでした!!!

2010年8月22日日曜日

Black Mountain Wilderness Heart リチュアル・ユー リチュアル・ミー

カナダのアシッドサイケバンド
black mountainの3rd album
wilderness heartが来月登場!!!

black mountain myspace



4-5年前なら驚愕のJAWSジャケ!!も含めて
お遊び??とかな感じですがこのブログでも
このところ紹介するPVの多くはRITUAL系とでもいうべき
「僕等を超えたところに何かがある」事を確信した
表現のものがメッチャ多い!!!
その究極がアニコレの「ODDSAC」で
そういった表現が一番なされたのは1970年代だけど
2010年バージョンはその時代あったドラッグ頼み感
はかなり後退している。
いったいこの流れはどこまで行けるのか??!!


2010年8月21日土曜日

sufjan stevens all delighted people EP 神様の沈黙と至上の愛

つつつつつつつつつつ遂にきたぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!
Sufjan Stevens正式な?新譜としては5年ぶりの
EP ALL DELIGHTED PEOPLE!!!!!!!!!!
一聴して、おおおお驚き、なななななんだこの
憑きものが落ちたようなストレートな楽曲群!!!


<a href="http://sufjanstevens.bandcamp.com/album/all-delighted-people-ep">All Delighted People (Original Version) by Sufjan Stevens</a>

日本で一番HENRY DARGERを分かってる男を自称する僕が
彼のVIVIAN GIRLSコスプレに反応しまくってたのは
あったりまえですがHD師匠もそうであるように
SUFJANの音楽とはクリスチャンミュージック
であり、もちろん優れたアーティスト達は
皆そうですが、その事との格闘の上に手に入れたVISION
を音にしてきたのがいままでの作品でした。
でも神様には"あの"おっそろしい「沈黙」がある・・・・・・
沈黙を音にする???そんなイカサマできんでしょ?!
一般には「スランプ」といわれたSUFJANの近年の苦悩の
源はそこにあります。

"The clouded out disguises put you in the room"

from all delighted people

僕が今回驚いたのはSUFJANがその沈黙を
DISGUISESと言いきったこと
(半分冗談っぽくですが)今作のインスピレーションを
「SOUND OF SILENCEにある」と言っていること!!
この新作の楽曲が異常なまでの直接性を持って
僕等の頭に突き刺さるのはそこに仮面を外した
SUFJANが立っているからである

And the people bowed and prayed
Oh I love you a lot; Oh! I love you from the top of my heart
And what difference does it make?
I still love you a lot; Oh! I love you from the top of my heart
And on your breast I gently laid all my head in your arms
Do you love me from the top of your heart?
I tried my best I tried in vain. Do you love me a lot?
Do you love me from the top of your heart?

ALL DELIGHTED PEOPLEの
フィジカル版ダブルEP!?は
12月に発売(X'mas頃でしょう間違いなく)

Asthmatic kitty records

レイズユアハンド,ピープル!!
なぜならそこには至上の愛が・・・・・・・・

2010年8月20日金曜日

Jenny and Johnny I'm Having Fun Now ハメ撮りロックの傑作登場!!

SCISSOR RUNNERのそしてこのアルバムの
ジャケワークにノックアーーウト!!なわけですが




リーク2曲に続いてjenny&johnnyの1st album
I'm Having Fun Nowの試聴&プレオーダーがスタート!!

JENNY&JOHNNY OFICIAL SITE



何しろ正にSHE&HIMにBEST COASTのいいとこどり・・・・・・
ミュージシャンとしてキャリアのある二人が
そーーいうサウンドを出すことを揶揄するレビューとかが
もう出たりしてでも、そんなんをふっ飛ばすくらい
全曲素晴らしい正に2010年POWER POPの大傑作!!!!
パワポってエヴァーグリーンなメロディーを
一番新しいファッション(サウンドデザイン)でどう鳴らすか?
っていうセンスいっぱーーーつ!!にかかってるわけですが
この二人は恋人同志でホント新しい音が好きで
ふたりであれやこれややってる感
上にあげたようなニューガーリー系BANDのアクはないけど
それを補って余りあるハメ撮りちっくなセクシャルなFUNは満載!!
この洗練はかっこいいなぁーーーーーー!!!!

2010年8月19日木曜日

BLACK SWAN ブラックスワン バレリーナの頭の中キタぁぁーーー!!

以前コチラでお伝えしたBLACK SWAN

ダーレン・アロノフスキー監督の新作「BLACK SWAN ブラックスワン」プレミア上映決定!

トレイラーが来たぁぁぁぁぁ!!!



羽、生えますかぁ・・・・そりゃ生えるでしょ!!!
ブラックジャック第5話みたいに。

2010年8月18日水曜日

キャスティング大決定ーーーーー!!

いやーー今回もキャスティングGODが付いていたぁぁぁぁぁ




2010年8月17日火曜日

SR サイタマノラッパー2 入江悠監督様、強烈にDISってしまいますスイマセン・・

長くなるので最初に結論をカキコしちゃいまっす。

僕はSR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム
はHIPHOPを搾取している上に映画としても失敗してると思います。



SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム 公式サイト

HIPHOPには二つの大切な
そこに命をかけてBEATを作り
そしてRHYMEを作らなくてはならない
生命線ともいえる二つのテーマがあると
僕は思っています。それは

「リアルであること」


「敵を知ること」

の二つです。

ゲットーの新しいパーティーミュージックだった時代から
WEB2.0時代のリアルと死に物狂いで格闘するKANYEまで
そのスタイルやテーマは時代によって変わってきたけれど
その二つを手に入れることがHIPHOPがHIPHOPであることの
意味です。

ここで触れておかなくてはならないのは入江監督は
インタビューでも言及しているように
HIPHOPという音楽スタイルに過度に傾倒しているわけでは
ないということです。
映画を転がす物語の核としてHIPHOPは有効なんじゃないか?
HIPHOPの現状と自主映画の現状は似ていると思うので感情移入しやすかった
という理由でHIPHOPを題材としてSR2も含めて映画を製作している監督サンです。

これはある意味「予防線」としても機能してしまう発言なので
取り扱いが難しい微妙な発言なのですが
映画の題材として取り上げる以上
そこに監督なりの「HIPHOP」という表現がもつ意味が
表明されていなければ、それは僕は「搾取」だと考えます。


SR2を見た後、そのあまりの内容に急いで前作も見て
どちらの作品にもあまりにもその評判とは異なる感じを
受けてしまったので
さーーーすがに怖くなって(COWARD!!!!)
ネットの批評を見ざるをえませんでした・・・・・・・・

で・・・・それを僕なりに無理を承知でまとめてしまうと
SRシリーズというのはどうも「へたれ感」を肯定しようという
のがテーマらしいということ。(反論etc絶対にあると思います!!
ゼヒ、お寄せください!!)
HIPHOP、というか「関東近辺で(いまだに)HIPHOPをやっている」
というキャラクターはその「ヘタレ感」テーマのために選択されていて
見ている方々の多くはキャラクター達の「ヘタレ感」に共感しているらしい
HIPHOPがどーたらこーたらというより、と。

僕がSR2で痛烈にそれを感じたのは
とにかく使用される音楽の雑さ!!!!!!
この画にこのタイミングでこのトラックがかぶさって
でーーーーこれがそのまま続いちゃうわけ??!!!
っていう音の使われ方の数々・・・・・・・・
でもそれは「ヘタレ感」の演出なのだからしょうがない・・(泣)
そして僕がシーンとしてこの監督は決定的にHIPHOPを
ネタとしてしか考えてないんだな・・・・と感じたのは
みっつーの家の裏にある蔵?で仕舞い込んであった機材に
ふたたび再会するシーン。
なにしろ「1シーン 1カット」がこの映画の映画的制約らしーので
よく見えないんだけど確認できたのはMPC2000XL。

ふつーーーーー何年かぶりにMPCそれも2000に触れて
それがまだちゃんとパッドを叩いて音が出たら泣くでしょ???
でもそんなHIPHOP的機材愛は入江監督はどーーでもいいらしい
だってそんな機材愛もないヘタレヒップホッパーの物語なのだから・・・・(号泣)
でもさ、そんなヘタレのRHYME(映画においてのセリフでは"歌詞")
に感情移入できるの???

そしてこっからは映画としての作りのお話です。
僕が今回SR2において一番納得いかないのは
メインキャラクターの設定でした。
20代後半、さえない三十路手前の女の子達が
「最高だった私達を取り戻すために」(あれ?どっかで聞いたような・・・・)
HIPHOPに再び取り組むという物語。
でも映画全編を通して5人のうち誰一人として
キャラ設定がソープ嬢etcというだけで
三十路手前のヘタレ女のリアリティーを醸し出してる人はいませんでした。
どーーーーー見ても全員20代前半でしょ、コレ???
うーーん三十路前なのに20代前半みたく過ごしてるのが「ヘタレ」??
ラストに向けて都合よくパタパタと掲示されるトラブルも含めて
僕にはその演出は高等すぎてわからなったデス、すいません・・・・。
(っていうか入江監督はぶっちゃけ女の子を描くのはヘタなんだと思うんですが??)


そしてほんとーーーにここは監督の作品ファンの方々に教えていただきたい
部分なのですが、ほんとーーーーーにこのSRっていう題材に
「1シーン・1カット」って効果的に機能しているのでしようか??
1シーン・1カットってその場で行われている芝居の臨場感を伝えるため
そして「そこに写ってしまった」HIPHOPでいえばJAMっている様を
とりあえず全部RECしておいて、そこに音楽の神待ち的な
奇跡のGROOVEを見つける!っていう作業に近い
映画の神待ち的な偶然性を落とし込むための手法だと思うですが
それがSR2ではまったく起きてない!!(泣)よーーーーな・・・・・
っていうかそれ待ちできるようなスキルの役者さんが
出てないと僕は今回強く感じてしまって
いとうせいこう氏的にいえば「俳句」的?
でも僕的には「コント」的にしか物語が転がっていかなくて
それだったらちゃんと割って物語性を高めた方が??
だから評判らしいラス前の法事ラップも寺内貫太郎的コントにしか・・・・
ん??コントっぽいから「ヘタレ感」に貢献してるのか??
んーーーーーーーーーーーーーーーー高等すぎてわからんよーーー!!
入江監督作品のファンの方々ゼヒ教えてください!!

僕が思ったのは何故入江監督はHIPHOPで
映画を作るのだろうということ。

上にあげたようなテーマなら実はHIPHOPじゃないほうが
伝わりやすいんじゃないだろうか?

SR2の彼女達のリアルはヘタクソな「歌詞」に載せるより
ほんとうに見ていて美しい、と同時に残酷で"リアル"だった
群馬の田舎の風景に即した朴訥なキャラクターによって
表明された方が正しいんじゃないだろうか??


何故なら
「リアルであること」を手に入れられない(もしくはその道半ばである)こと
そして「敵を知ること」ができない(同上)ことが
リアルであるという一時期ROCK MUSICが陥った
自家中毒的な「幼稚なリアル」を
完膚なきまでに叩きのめしたのが
HIPHOPというレベルミュージックだと
僕は思っているからです。


2010年8月16日月曜日

カバー映画とカバー音楽 Scott Pilgrim Vs. The WorldとKICK-ASS

僕は恥ずかしながらCOMIC ADAPTEDの映画が苦手で
でも去年から今年にかけてとにかくKICK-ASSと
Scott Pilgrim Vs. The World、この二本の
ネット広告&ネット記事(特にいかにCOMIC CONで
この二本の評価が高いか!!を謳った記事)は死ぬほど見た!!!!
映画のリメイクってどーーしても作られた年代差が
あるんで、それだけで批評性を問われることになるけど
コミックの映画化ってこれは音楽に例えると
カバーってアクションに限りなく近いと思う。
KICKもSCOTT PILGRIMも確かにFUNなんだけど
なんかビートルズのカバーバンドとかクイーンのカバーバンド
みたいに「どれだけソーシャルにつっこめるか」を
意識しすぎて作られてるよーーな気が・・・・・
例えばこの曲みたいな、ちょっと命がけのカバーとか
そういうのを映画でも見たいんだけどなぁ・・・・・
まぁそういうソーシャル化しにくい作品はCOMIC CONとかで
盛り上がりにくいとは思うけど・・・・

2010年8月14日土曜日

これは凄い・・・浅井隆氏の 『告白』批評を読んで・・・・・

このブログ「美少女と美しい音楽」のブログの
はずなのに最近やたら映画についてのエントリーが
多いなぁ・・・・と思われる方が多いかもです。

いや!それはですねぇ最近になって気づいちゃったんですけど
なーーーーーーーんて映画をとりまくコトバって
劣化してるんだろう!!!!と色々な映画に関する言説をみて
思ったからです。
僕は結構ずーーーっと音楽や女の子をなんとかコトバに
できないかといったことをやってて
でもちろんサウンドやキュートさっていうのは
ナラティブなものじゃなくてもっと抽象的なものなので
コトバにしにくい、実際「音楽を言葉になんてできないよ」
系思考停止なこともよくきくし。
で、翻って映画。色々と映画に関しての言説を見てて
わかったのはとにかく圧倒的にその量が多い!!!!ということ。
あれ?音楽とかと比べてなーーんでこんなに映画について
書く人が多いんだろーー??と最初はよくわからなかったんですが
見ていくとだんだんその謎が恐ろしい方向に解けて・・・・・
もーーめちゃくちゃぶっちゃけると映画について書くのは
簡単なんですよ!!!!(あー・・・・・いっちゃった・・・)
所謂一般作と呼ばれるような映画は100%ナラティブが主体の映画
なので、「こーーなりました、そしてこうなりました」と
物語について書くだけで映画について「書けてしまう」。
それが悪いっていってるわけではなくて、どひゃーーー!!!!
そういうコトバが映画にまつわる言説の70%なのーーーー??!!!
っていう事態に僕はプチビックリしました。
他にも俳優さんについてのものだったり制作スタッフさんだったり
のものもあるんですが、で残りが所謂「評論」や
「批評」とよばれるTEXT。70%の読書感想文系言説は
まぁーーそういうもんだよなぁ・・・・・と思っただけだけど
心底、ほんとーーーーーーに驚いたのがこの映画批評や映画評論
を自称しているコトバたち。



ああああ頭が悪すぎる・・・・・




そういう関係性って今ではどの表現ジャンルでも絶滅しかけて
いるので想像しにくいかも?ですが
批評や評論と言った饒舌で過剰な「コトバ」って
その表現と共鳴し合い&共闘し合って新しい場を作っていく
実はその表現と同じくらい重要な意味をもつコトバだと
僕は思っています。
そういうコトバを生まない表現の現場は確実に「死にます」
Aという「何か」があってそれが表現化される&言語化される
Bという「何か」があってそれが表現化される&言語化される
表現化と言語化とはほとんど血を分けた兄弟・姉妹みたいなもの
時には殺しあうほど反発し、妬み、嫉み、それでも和解し
共に家である「何か」を支えていく、それが表現と批評の関係性です。


とにかく映画にまつわるコトバが酷過ぎる・・・・・
と思ってしまってのここのところの映画エントリーなのであります。
だって、コレ僕たまたま見ちゃったんですが
ひひひひ酷い・・・・・・・・・・

『告白』を観た、いったい何を売るつもりのCMなのか、なんてね。。

僕は恥ずかしながら日本のインディペンデント系映画
にもまだ疎くてもちろん今後ガンガン見て
書いていくつもりですがこの方一応日本のインディペンデント系
映画を支える中心人物のお一人なんですよね??

浅井隆氏インタビュー from PEOPLE Vol.9

そそそれがこの程度のコトバしか持たないなんて(泣)
なんてこったい・・・・・日本のインディペンデント映画
大丈夫なのかなぁ・・・・?屍を拾いにいくとかはいやだぁーーー!!!!

2010年8月13日金曜日

Hideaway (Le Refuge) フランソワ・オゾン新作は妊婦と水の物語

スススすいませーん、去年の日本未公開
謎の赤ちゃんムービー「RICKY」を見る前に
なんと今年も矢継ぎ早にフランソワ・オゾン監督の
新作Hideaway (Le Refuge)が9月公開決定!!!!



なんと今回は全編HD撮影ってのにも驚かされるんですが
久々にオゾン監督が「水とミステリーの物語」に戻ってきたのが
超ーーーーーーうれしい!!!!
でもアメリカ版のポスターは最悪で
もし!!日本公開もあるならぜーーーーったいこっちの
イメージにしてほしいーーーーーーー!!!!!


っていうかトリビア話でビックリしたのは最終的に断られた
らしーーんですがこの妊婦役はちょうど妊娠していた
あの!!!超ーーーーー傑作「スイミングプール」の
リュディヴィーヌ・サニエがやるかもだったらしーーー!!
それも見たかったなぁ・・・・・・・・・・

2010年8月12日木曜日

Hey Lover Blake Mills キャンプファイヤーソング2010



DAWESによるキャンプファイヤーソングちっくなカバー!!!
オリジナルを超えてるぅぅぅぅーーーー!!
FROM BREAK MIRRORS By Blake Mills

真野恵里菜 元気者で行こう!ギルティープレジャー 美少女が少しずつ腐っていくビデオ

僕は以前カキコしましたけど
ほんとーーーーにこの曲凄い!!と思ったんですよね・・・・・・

それが今やこんな風に・・・・・

もちろん昔から人が堕ちていく様っていうのは
ワイドショー(今やそういう事件系はTVのゴールデンタイムの
メインコンテンツですが・・・)や
タブロイドのメインストーリーだし
ソーシャル化されたSNS社会ではそういう"ギルティープレジャー"
の方が安全にツッコミ(&消費され)やすくていいんだろーけどさ
どーーーなんすか?コレ
僕にはまるで映画「死の王」みたいに少しずつ何か大切なものが
腐っていく事態を見せられてるようにしか思えないんですけど・・・・・・・


それともこれは夜明け前の深い深い闇に過ぎないのだろうか

2010年8月11日水曜日

TRUMANS WATER O Zeta Zunis ローファイ界の裏番長再結成!!が、その裏で・・

ペペペぺPAVEMENTに続いてって言って
いいもんなのかどうなのか・・・・・・
ななななんとあのTRUMANS WATERが
7年ぶりに新作「O Zeta Zunis」を今月ドロップ!!

O Zeta Zunis from Asthmatic Records


もちろんJ.ピール一番お気に入りの
アメリカのインディーバンド!!とか
飾っておくとかっこよかったコラージュ系
のジャケットとか、邪にココロを動かされる
ネタも多かったけどTRUMANS-の場合は
イッちゃってるんでもない、難解でもない
ド・ポップに爆発するリフへと集約される
その過剰な幼児性が怖かった!!!

それはもちろん現在の新世代LO-FIバンドや
NO-FI系の正に雛型!!なんですが、なんですが
この雛型を作った初期メンバーGlen Gallowayは
やっぱりいない・・・・・それはもちろんSOUL JUNK
をやっているから!!

GLEN先生申し訳ない・・・・・SOUL JUNK
4年ほど休止してたと思ったら
3年前に大復活!!もちろん今まで以上に歌詞は全部「聖書」から・・・・
そして去年出ていた最新アルバム1960、さっき聴きました。

これ、難しいところで僕も聴いた瞬間全てのコトバが
入ってくるわけじゃないんでネイティブのアメリカ人のようには
この極北のクリスチャンロックを捉えきれないんだけど
長年のROCK聴きとして確実にわかるのは多くのクリスチャンロックと
呼ばれるものとSOUL JUNKの違いはもしかしたら5秒後
には神を殺すと唄ってしまうかもしれないギリギリのところで
その音が鳴ってることである。
実際4年間唄えなくなってしまったのはコトバと音のテンションに
GLEN先生が疲れ切ってしまったからだと思う。
現在SOUL JUNKは息子サンと娘サンも加えた
プチファミリーバンド的に精力的に活動中!!!

SOUL JUNK OFFICIAL SITE



うーーんDEEP過ぎるぜLO-FI第一世代!!!!

2010年8月10日火曜日

Rebecca H. (Return to the Dogs) ロッジ・ケリガン6年ぶりの新作!!

あのJ.ウォータース御大に
「見ていると窒息死しそうになる・・・・・」
といわしめた強迫症映画の大傑作
CLEAN SHAVENを撮ったLodge Kerrigan監督

前作もキリキリキリキリした誘拐映画だったけど
ななななんと6年ぶりの新作が登場!!!
おサイケ時代の歌姫ジェファーソンエアプレイン
のグレーススリックのドキュドラマで主演を
演じる女優の物語とREBECCAと呼ばれるうつ病を患った
中年女性の物語が同時進行、その上その二人を演じるのは
一人の女優による一人二役、
さらにはそのドキュドラマ「RETURN TO THE DOG」を
撮る監督としてロッジケリガン自身が登場・・・・・・
なんつーーーーー分裂映画なんだ・・・・・・・
でもこの強迫から分裂へっていうテーマの変化はちょっと楽しみだなぁーー

2010年8月8日日曜日

映画 「シュアリー・サムデイ」 小栗旬とは「憧憬」の監督である surely someday

小栗旬監督へ
初めてお便り申し上げます。
先日、どーーーしても見たくて
監督のバージン(喪失?)ムービー
「シュアリーサムディ」を拝見いたしました。
女性の俳優さん目当てで映画を見に行くことは
あってもあまり男の俳優さん目当てで見に行くことは
ないため恥ずかしながら監督の俳優としての活躍も
あまり存じ上げなかったことをご容赦ください。
しかしながら「シュアリー」を見たかった理由、
それはたまたま見た番宣番組での監督の真摯なコトバでした。
最近では不況の折、ハードルを下げまくって
媚び諂い「まぁ、みてくださいねーヘヘヘ」といった
"うすら笑い"が染みついた
今すぐおまえは首を吊って、その様子を映画にしろよ!
といいたくなるようなコトバや
仲間内だけの評判が大事なすっとんきょうな
"ふくみ笑い"が染みついた
今すぐテメーはTwitterにつぶやくのをやめて
100作品分スクリプトを書けよ!といいたくなるような
コトバが映画の周りには溢れています。
そんな中での監督の「この映画を見てください!」という
ナマの言葉に、これを見逃してなるものか!と
勝手に意気込んでしまった次第であります。
TRAILERやポスター、そして前情報などから
勝手に想像していた「シュアリー」は青春暴走ムービー!!
監督の仲間達が大挙して参加して、その熱い空気が
そのまま、そうアメリカンニューシネマのごとく真空パックされ
暴れまくる!!!こんな映画や

「ザ・芸能界」的なものを暗喩とした風刺系のこんな映画や

こんな映画なのでは・・・・・

と想像をたくましくしていました。
映画館の中は監督(もしくは制作会社?)の思惑通り
女の子達でいっぱい!!!もちろん僕のようなヤバい奴の
ヤバイ期待とは全く別の、でも彼女達の小出恵介君達が
カッコよく暴れまくるのよねーーー系ワクワク!!が
微妙に僕の期待とも交差して?!映画館の中はかなり
変な空間と化していました・・・・・・・。
その122分後、岡村サンのコメディーリリーフで爆笑しつつも
無言な彼女達に混ざって出口へと進む僕は今にも叫び出しそうでした

監督ぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!方向性間違ってるぞぉーーーーーーーー!!!

ちょーーーーっと待て!!一体全体誰が
こーーゆう映画でGO!!っていったのよ!!!
まあまあまあまあCYZOのヨタ記事を信じて
今、小栗旬に映画を撮らすことが必要だったってのは
100歩譲ってそーーだとしても
大丈夫か??ほんとうにアンタら小栗旬っていう監督の
本質を分かってるのか???それが心配になるだろーーがよ!!!!

シュアリーサムデイという映画自体は失敗作である。
明らかに学園内バディームービーで完結させるところを
秘密組織というCATALYSTを突っ込むことで
収集が付かなくなってる。
だぁーーーーーーーなんでこのまま撮っちゃうのよ!!
だーーーからバカでバカでバカでバカでしょーーもない
映画系ブログから上から目線で「意欲は買う」とか
テメーどの口でいってんだよなTEXTが出てくるっすよ!!!!!

所属事務所や松竹は今すぐ小栗旬の次回作を制作すべきである
なぜならシュアリーを見た(映画批評系サイトのバカは除いて)
多くの人が感じたように小栗旬の映像作家としての"現在"の
本質とは「憧憬」にあるからである。

シュアリーが打ち出そうとした主題とは別に
この作品において一番優れて映画的だったのは
小学生時代の5人がソープ嬢の小西真奈美に会いに行く
あのシーンである。
監督の処女作には極めて私的にその制作者の
現在の姿が映り込められる。
あの自転車のシーンから雨のシーンまで
小栗旬の現在とは(ちょっと詳しく彼の事を知らないんだけども)
失われた感情・風景への「憧憬」
仲間同士でバカをやるのでもなく
アクションちっくに悪と戦うのでもない
大人の世界へと恐れと憧れを持って潜入する
もしかしたらそれは子役時代という特殊な
少年時代を過ごした彼特有の感覚かもしれない
そんな少年の目線、これこそが現在の監督小栗旬が
もっとも優れている目線なのである。
シュアリーで証明されたのは小栗旬という
映像作家が持つこの特殊性である。
だとしたら今すぐ2作目を作るのは必然でしょ??

監督、監督は「雨のなかの女」という作品を
ご存知でしょうか?
先ほどあげたような作品群が映画界をあげて
上へ下への大騒ぎを行っていた時代
「その後」映画と社会が極限までマッシュアップされた
まったく新しい映像を作り上げることになる
映画オタクが作った孤独と憧憬をテーマとした
雨の映画です。
僕は今だからこそ監督のまだ降りやまない
孤独の調べをこの雨が流れるような静かなスピードで
フィルムに収めてもらえたら・・・と切に願うのです。

2010年8月7日土曜日

White Hinterland No logic 本当は怖い森ガール・・・・・

White Hinterlandの最新作「Kairos」から
No logicの傑作PVが到着ーーーーー!!!!


あーーーーそっかーー森ガールブームの時
かなり色々なエディトリアルを見たけど
「夜の森」ってのは忘れてたなぁ・・・
光、炎、水、獣、つまりはミスティックでSEXYな
不穏のテクスチャー、朝までに起こる謎の答えは
全部森の中にあったんだ!!

2010年8月6日金曜日

映画「恐怖」 Jホラーの終焉を告げるお葬式映画・・・・

10年程度なんとなくあったと言われていた
「Jホラームービー」とは何だったんだろう??
冷静にみると「リング」「らせん」バブルの
10年だったと思うんだけれど、でも世紀末を跨いで
新しい世紀への漫然とした不安、恐れ
それを地獄として実体化するという
世紀末芸術の徒花がJホラーの正体だった。
ちょっとトゲのある言い方になっているのは
僕自身は「地獄」だけを描く映画にはあまり興味が
なくて映画には地獄と天国が混ざりあった
どちらでもない世界を見せてほしいッス!!と
思ってたりするからなわけですが
でもしか!Jホラーの立役者&功労者のお二人が完結編として
(正確にはJホラーシアターっていうホラームーブメント
の一シリーズを完結させるってことだけど
実質的には「Jホラーを殺す」ってことでしょう)
制作した「恐怖」を見に行ったのは映画において
地獄を描くことの有効性を最終的に確かめたかったからです。
でもそこに映し出されたのは地獄ではなく
ある表現ジャンルが死ぬっていうことは
こーーゆうことなんだな・・・・(泣)っていう
お葬式としての映画でした。
お葬式にも昨今は色々あるけれど
冒頭の脳実験の記録フーテージから
唯一官能的であるべき藤井美菜ちゃんのラブシーンから
「光」の正体、エンディングに至るまで
とにかく沈痛・・・・・・・・というか
まるで業者サンによるベルトコンベアー式の
「ザ・葬式」のような展開にひたすら唖然。
もしこれがまだブームの残り火のある4-5年前に
作られていたらエンディングはあの中村ゆり嬢の
カットに恐怖の正体の解釈をゆだねたものに
なってたはずですよね監督???
そしてもしお二人が今後もホラーを作るとしたら
多分こーーゆうエンディングになっていたことでしょう


幼い子供たちが密閉されたマンションの中で
腐って死んでいき
老人達がまるでハーメルンの笛に呼ばれるように姿を消す
恐怖IS EVERYWHERE、優れたJホラーが幻視した地獄は
一つ一つ現実へとその姿を変えています。
さらには今映画館にいけば
もう地獄はたくさんだ!!とばかりに人懐っこい姿はしているけれど
でもホントウは映画のふりをして偽物の天国をまき散らしている
恐ろしい化け物達の予告がズラーーーーッと!!
ギャーーーーーーーー!!!!!!(だってあまりにも今回見た
新作のTRAILERが全部ひどいんだもの、えーーータイトルはぁ・・・・)

スクリーンの中とも外とも闘う事。
今、ホントウの映画を作るのはメチャクチャ楽しいことなんだと僕は思います。

2010年8月5日木曜日

kanye west power アートと躁鬱とヒップホップ good ass job

kanye westの9月に発売になる新作からの
第一弾シングル「POWER」PVのメイキング映像が解禁!!

このV自体は監督のMarco Brambillaの過去の作品も
インサートされているので2分ぐらいからのが
POWER自体の映像ですがどどどとんなけ躁状態なんだよ・・・・・
そのあまりの内容にHIPHOP界はオートチューンネタに
触れるのが精いっぱい、そして日本ではほぼ黙殺された
前作の「808s & Heartbreak」は黒人音楽史上例のない
スーーーパー女々しいアルバム、えーーーつまりは
EMO HIPHOPという前代未聞のアルバムでした。
お母さんが死んでしまっって寂しい・・・・・
恋人が去ってしまって悲しい・・・・・・・・
可愛そうな僕はこの世界に808とふたりぼっち・・・・・・・
マイスペでOWL CITYのコピーをしてるようなエモバンド
でも書かない様なひたすら、とにかくひたすら
孤独なんて高尚な心持じゃなくて「寂しさ」だけに
焦点をあてたのが808というアルバムで
ジャケットのアートワークに村上隆を使うような
どこかクレバーなアーティストっていう印象だった彼が
その子供っぽさを全開にしたある種すごく日本的なアルバムで
kanye自身はそのことに気付いていたと思うけど
日本側がそれに気付いてないのは変だなーーーと
当時聴いた瞬間ひっくりかえった記憶があります。
そんな鬱から完全抜け出し・・・・・と思ったら
今度はいきなり躁の方へ、しかもかなりドハイパーな・・・
実はこのPOWERを含むNEW ALBUMのタイトルは当初
GODD ASS JOBとされていたのですがどうも変更されるらしい
ミケランジェロの絵画にインスパイアーされたっていう
このPVを見たらさもありなん・・・・・・・
僕なら新作はGott ist totと名付けると思いますけど
蟹江先輩どーすか??!!

2010年8月4日水曜日

映画 「私の優しくない先輩」はアイドル映画を救ったのか??

ほんとうにホントウに悲しい事だけれど

今や「アイドル」とは、集団で「向上心」を持って唄って踊る
女子の「集団」であり
アイドルファンとはその集団の中の力学を
これまでにもまして「プロレス的物語」の中に
当てはめて、自分の物語へと搾取しようとする
人々の集まりになりつつあります。

アイドルのありようとは時代を映す鏡なので
この全ての地平がソーシャル化という
お題目のもと関係性のバランスを壊さないように
ファシズム化していく社会。
このソーシャル天国OR地獄の様を
近年の「集団アイドル」という装置は
まるで時限爆弾の様にカウントダウンしながら
どの表現の手法よりも加速して見せてくれていると思います。

その昔、アイドルとは疑似恋愛の対象でした
自分の周りを覆うクソったれな現実を
ブレイクスルーする相手として、
そんな大切なものが恋愛感情の中に存在すると信じて
男の子はアイドルに恋をしました。
でも今やアイドルはそのような対象ではなくなってしまったのです
だから今「アイドル映画」を撮るとしたら
その主人公は「集団女子」であり
その「向上心」にあふれたソーシャル集団のサクセスストーリー、
もしくは挫折の物語を描くのが「アイドル映画」なのです。

映画「私の優しくない先輩」はその状況に
優しく優しくちょっぴり意義を申し立てている映画でした。
2010年、上記したような「集団アイドル」ではない
アイドルを使って映画を作るとは、それだけで
なんらかのアンチテーゼを行っているといっていいからです。

肝はもちろん川島海荷嬢演じる   
現実に加担することなく
「地上から3センチ浮いたように暮らしている」西表耶麻子。
そのフィクションの宇宙の中で犬かきしているような
普通の恋愛映画であれば、それを「幼い(恋愛)感情」
と名づけるであろう彼女のココロのあり様を監督は一種露悪的に
執拗に描いていきます。
僕が見に行った回は映画館がほぼ満席でその8割は女の子でした
今の日本イケメンネーション化、女の子達がこの映画を
はんにゃ金田クンの「アイドル映画」だと認識してる中
どーーーー考えても余計に西表耶麻子というキャラクターは
座りが悪い・・・・・・・・
何故か?
それはこの映画がヤマネコこと西表耶麻子を
ソーシャル化された現在を具現化したキャラクター、
お見せするための「熱い思い」を演じるアイドル
虐待しながらブログに子供への愛をつづるギャルママ
ホスト君の店内での順位を上げるように
「推しメン」への散財を続けるアイドルファン
匿名性と酔った「正義感」で
ネット上で個人を曝しあげて炎上させる人々etc
そうしたソーシャルモンスター達
フィクションの中で自己を形成していくことを
是とする人々の総体として定義しているからです。

そしてそこにこの映画のユニークさがあり、最大の弱点が!!!!
見た方はおわかりのように結果として
「こんなん別にTBSの某プロデューサーが衛星や深夜にやってる
アイドル作品のひとつでいーじゃん・・・」
ってなしょぼい脚本によって監督のもくろみは映画的とは程遠い
極めてTV的な展開になってしまうこともあって
あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ夏祭りのラストが
あそこまで親切じゃなくてもっとシニスターに
映画的になっていたら・・・・(泣)
そしてエンディングの前、あそこがファンタジーじゃなくて
もっと生々しいまま終わっていたら・・・・(号泣)
惜しいシーンの連発に
僕は隣のはんにゃファンの女の子達に気味悪がれながら
何度も呻いていました・・・・・(涙枯)

そして僕があいたぁ・・・・・とおもった最大の点は
ラストの主題歌。
広末涼子の「マジで恋する5秒前」のカバー。
これが鳴り響いた瞬間、そしてこの
「アイドル疑似恋愛時代」の最後の輝きを
象徴するような名曲に合わせて映像が初々しくなればなるほど
僕らはもはやカウンターとしての「アイドル映画」が
現在においてどれほど成立しにくいかを
痛いほど実感することになります・・・・・
もしかしたら某アイドルが道玄坂で
「この辱めをどうしてくれるの!!」と叫んだ瞬間
本当に時代は変わってしまったのかもしれません。
でも監督にはなんとかがんばって新しい名曲を、
ノスタルジーではない10年代のアイドルアンセムを作って
それをエンディングにしてほしかった!!!!
そこが残念で残念でならないのでした・・・・・

2010年8月2日月曜日

SUCKER PUNCH ザック・スナイダー新作「サッカーパンチ」は究極の頭の中映画だ!!

監督曰くSUCKER PUNCHは
「夢が現実を救う」映画!!!
であり
「僕の頭の中を映画にした」映画!!!!
ザックスナイダー監督の最新作SUCKER PUNCHの
トレイラーが解禁!!そしてこれがヤバすぎる!!!!!!!


SUCKER PUNCH OFFICIAL SITE

多くの人が「そりゃフィクションを映画にしたら
それは頭の中の映画化じゃん?何言ってんの??」かもですが
映画と虚構のそうした関係は僕は終わりつつあると思っています。
ちょっとでもCGを触って実写とのコンポジットをトライしていると
その作業の途中である事に気付きます
「アレ?これ現実にはない世界を現実っぽく見せようとして
始めたんだけど、なんか違うぞ・・・・・」と。
CGがうまくコンポジされればされるほどそこには
虚構でもなく現実でもない、その二つの世界の境界が決壊したような
そう!正に夢に似た感触の、頭の中の世界が!!!

完全な虚構なら今やアニメやフルCGでやればいい
でもその世界はあまりにもSAFEすぎる
リアルな現実ならYOUTUBEにいくらでも転がっている
でもその世界はあまりにもLAMEすぎる

じゃあ映画は??

300で究極のコンポジワールドを構築したスナイダー監督が
初のオリジナルスクリプトとなるSUCKER PUNCHで
夢をテーマにするのは正しすぎるぅぅぅぅぅぅ!!!!!
冒頭にあげた発言は今年のCOMIC CONでのインタビューからですが
もう一発
「インセプションほど予算はないから夢の構造はシンプルにしたよ!!」

小説業界では1Q84以降夢と現実、意識と無意識を行ったり来たりする
所謂「パラレルワールド」もののプチ流行があったりしますが
そういった小説群がどこか教育臭い、加齢臭ワールドだったりする
のに比べて、そしてインセプションの「そこは恐ろしい世界である」
ってな認識での雪山ドンパチと比べてSUCKER PUNCHの
この肉体性にあふれたパラレルワールドやっほーーーー!!な豊潤さ!!!!!
公開は来年の3月ですがスナイダー監督やっちまったなぁーーーーー!!!

2010年8月1日日曜日

映画 CATFISH 出会い系ドキュメンタリーはガチかフェイクか??

今年のサンダンス映画祭で「完璧なドキュメンタリー」
と評されてもっとも話題になった映画
CATFISHの公開日が9月に決定!!!

CATFISH OFFICIAL SITE


ぶっちゃけこのポスターの作りにしちゃうと
都市伝説系感が強すぎてなーーるほど・・・・・なわけですが

確かにもうそろそろアレを超えるのを
僕も含めて考えないと!!!!!!